話題の本

障害のある生徒の高校進学

2017年4月21日 (金)

フツーの高校生活とは?~5/20(土) 『北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会』(島本町)の案内

障害のある子どもの中学卒業後の進路は、特別支援学校しかないと思われがちですが、ここ大阪では、“重度”といわれる障害のある生徒も普通高校に進学し、ほかの生徒たちとともにあたりまえの高校生活を送っています。

高校進学の情報を知ってもらおうと、北摂地域で定期的に催している『「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会』。今回は島本町で開催します。

障害のある生徒さんと保護者のみなさん、学校の先生、支援者など、高校進学に関心のある方はどなたでも、どうぞご参加ください。

(以下、チラシより)

第31回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
みんなといっしょに高校へ!


中学校卒業後の進路は、支援学校しかないの?
点数は取れないけれど、普通高校へ行けるの?
進路選択は生き方選びです。自分の生き方は自分で決めるもの。
「障害児には支援学校高等部しかない」と、あきらめるのはまだ早い!
障害のある先輩の、フツーの高校生活の話を聞いてみませんか!

日時:2017年5月20日(土) 午後1時30分~4時30分

場所:島本町立第一中学校多目的ホール

内容:
・現役・元高校生や保護者からの現状報告「フツーの高校生活とは?」
・今年度の高校受験の経過と結果・会場からも参加してのフリートーク
・終了後に、個別相談の時間もあります。

資料代:300円

手話通訳あります。
保育はありませんが、お子さま連れで気軽にお越し下さい。

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
共催:島本町教職員組合

後援:大阪府教育委員会 池田市教育委員会 豊中市教育委員会 吹田市教育委員会
茨木市教育委員会 箕面市教育委員会 高槻市教育委員会 摂津市教育委員会
豊能町教育委員会 能勢町教育委員会 島本町教育委員会

協賛:障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議 高校問題を考える大阪連絡会

【会場アクセス】
島本町立第一中学校
〒618-0014 大阪府三島郡島本町水無瀬1-19-4

〇公共交通機関アクセス
・JR京都線(東海道線)「島本」下車 正門へ600m 裏門へ400m
・阪急京都線「水無瀬(みなせ)」下車 正門へ500m 裏門へ130m

〇お車でお越しの場合
・学校の駐車場は使えません。近隣のコインパーキング等をご利用ください。

Hokusetsu175_1

Hokusetsu175_2

2017年3月 9日 (木)

みんなといっしょに高校へ行きたい!~3/26(日) 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会(寝屋川市)の案内

障害のある生徒の中学卒業後の進路は特別支援学校のみと思われがちですが、ここ大阪では、“重度“といわれる知的障害や重複障害のある生徒も毎年、普通高校を受験して入学し、ほかの生徒たちとともにあたりまえの高校生活を送っています。

下記のとおり、障害のある生徒の高校進学の情報を提供する学習会が大阪府寝屋川市で行われます。障害のある子どもさんも、保護者の方も、学校の先生も、支援者のみなさんも、高校進学に関心のある方はどうぞご参加ください。

(チラシより)

第16回 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
みんなといっしょに高校へ行きたい!

重度の障害生徒が普通の高校に通っていると聞きましたが…
受験制度の変更(前後期や内申点)に伴う影響は???
受験時の配慮って、どんな配慮がしてもらえるの?
「知的障がい生徒自立支援コース」???「共生推進教室」???
倍率は? テストは?  進級や卒業は大丈夫?

大切なのは情報を知ること、交流すること。進路相談もあります。

とき:2017年3月26日(日) 午後1時30分~4時30分

ところ:寝屋川市立市民会館4階 研修室
(Tel 072-823-1221 駐車場有) 京阪寝屋川市駅下車 東へ徒歩10分

内容

(1)障害のある生徒の高校受験について
今年度の高校受験の経過と結果の報告

(2)私が経験したこと・伝えたいこと
①「地域で生きる、学ぶ、活動する」北村佳那子さん、北村恵子さん(母)、山崎秀子さん
“チームかなこ”が、昨年「糸賀一雄記念未来賞」(福祉部門の大きな賞)を滋賀県以外の団体で初めて受賞しました。
佳那子さんの生い立ち、小・中・高の学校生活、“チームかなこ”の誕生、現在までの活動について話していただきます。

②「全国集会で若者の障害者たちが司会進行しました。」
当日のビデオを見ながら報告

(3)フリートーク・もっと質問したいこと
障害生徒・友人・保護者・教職員・支援者など会場から

※学習会終了後、どんな小さな疑問にも答える進路相談会を開きます。

参加費:無料

大阪府教育委員会は、2006年度より知的障害のある生徒が府立高校で“共に学ぶ”制度(知的障がい生徒自立支援コース)をスタートさせました。府立高校入学をめざし、「みんなといっしょに高校へ行きたい」というあたりまえの願いはますます広がり、普通高校の受験と入学も増えています。ひとつひとつの疑問に答えながら、当事者・保護者の意見や体験・思いを交流できる学習会にしたいと思います。今年度入試の現状も報告します。誘いあわせて参加してください。

主催 知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
共催 寝屋川市の義務教育における医療的ケアを考える会
後援 大阪府教育委員会

Kitakawa20173
※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2016年11月 9日 (水)

「障害のある人」の高校生活って、本当は、どうなの?~11/13(日) 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会(摂津市)の案内

日が迫ってのお知らせですみません。『「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会』が摂津市で催す、高校進学についての学習会の案内です。

(チラシより)

第30回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

「障害のある人」の高校生活って、本当は、どうなの?
現在体験中の、本人の話を聞いてみよう!

“重度”といわれる「障害」のある生徒も、テストで点数をとるのが難しい生徒も、大阪では普通高校に進学し、他の生徒たちとともに学んでいます。みんな、どんな高校生活を送っているのでしょうか?現在進行中の、超ホット体験談をお聞きします。もちろん質問OKです!

日時:2016年11月13日(日) 午後1時半~4時半

場所:摂津市正雀市民ルーム 3階大会議室
   (〒566-0024 大阪府摂津市正雀本町1丁目11番1号 TEL:06-6381-0116)

参加費:無料(資料が必要な方は資料代300円)  

手話通訳あり

*保育はありませんが、お子さんといっしょに気軽にお越しください。

お話予定:山崎誠さん(桜塚高校定時制3年生)
     福村悦菜さんとお母さん(泉尾高校2年生)

※終了後、個別進路相談会を行います。

こんな疑問に答えます
・障害があっても勉強についていけるの?
・単位取得・進級・卒業は出来るの?
・先生は障害のある子を理解してくれるの?

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会

協賛:障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議 
   高校問題を考える大阪連絡会

後援:大阪府教育委員会 能勢町教育委員会 豊能町教育委員会 
   池田市教育委員会 箕面市教育委員会 豊中市教育委員会 
   吹田市教育委員会 摂津市教育委員会 茨木市教育委員会 
   高槻市教育委員会 島本町教育委員会

Hoku201611_1

Hokusetsu112jpg

2016年10月 2日 (日)

大阪市の親の会で、高校進学について話をさせていただきました

160926_101601

9月26日(月)は、大阪市天王寺区の発達障がいをもつ子の親の会「つぽみの会」さんの講座で、『障害のある子どもの普通高校進学という選択肢』というテーマで話をさせていただきました。

話させていただいたのは、大阪独自の「知的障がい生徒自立支援コース」「共生推進教室」の制度のこと、また、そうした特別枠ではなく普通に受験して一般の高校に進学している生徒もたくさんいること、最近注目されているエンパワメントスクールについて、受験にあたって受けられる配慮、高校に入学してからの生活、卒業後の進路など。

参加者は小学生のお子さんの保護者が多かったのですが、近い将来の中学卒業後の進路について考えていただくきっかけになったかと思います。

話を終えて、みんなで輪になって交流していて、その中で志望校をどう選ぶかという話題になったのですが、何人かの保護者の方から、障害があろうがなかろうが、子ども本人の意思を大切にしないといけない、自分で決めたことなら失敗しても納得できるが、そうでないと不満が残ってしまうという発言があり、そのことが強く心に残りました。

講師の私のほうがいっぱい学ばせていただいて、貴重な機会をつくってくださった「つぼみの会」さん、どうもありがとうございました。

2016年9月18日 (日)

9/24(土) 「知的障がい生徒自立支援コース設置校・共生推進教室設置校など実践報告会」の案内

大阪では、知的障害のある生徒が普通高校で「ともに学ぶ」ための制度、「知的障がい生徒自立支援コース」と「共生推進教室」がいくつかの公立高校に設置されています。

その教育の実践報告会が、大阪府教育庁(以前の大阪府教育委員会事務局)の主催で行われますので、ご案内します。

(以下、大阪府のホームページより)
http://www.pref.osaka.lg.jp/shienkyoiku/jiritsu-kyousei/28jissen.html

「知的障がい生徒自立支援コース設置校・共生推進教室設置校など実践報告会」を開催します。

 高等学校における「ともに学び、ともに育つ」教育を推進する、知的障がい生徒自立支援コース設置校、共生推進教室設置校および、卒業後の就労を通じた社会的自立をめざす職業学科を設置する府立知的障がい高等支援学校の取組み内容を紹介するため、下記のとおり、「知的障がい生徒自立支援コース設置校・共生推進教室設置校など実践報告会」を開催します。

【開催日】
平成28年9月24日(土曜日) 午後1時から午後4時30分まで
(受付は午後0時15分から・入場無料・予約不要)

【場所】 
大阪府教育センター(大ホール 他)
住所:大阪市住吉区苅田4-13-23

【実施内容】
○高等学校における「ともに学び、ともに育つ」教育の推進について
 高等学校における「ともに学び、ともに育つ」教育の概要や、入学者選抜について説明します。

○実践報告
 知的障がい生徒自立支援コース設置校、共生推進教室設置校および職業学科を設置する府立知的障がい高等支援学校の取組みを紹介します。

○知的障がい生徒自立支援コース設置校、共生推進教室設置校、職業学科を設置する府立知的障がい高等支援学校の取組み紹介
 学校ごとに担当者が取組みについて発表を行います。

【会場へのアクセス】
・大阪市営地下鉄御堂筋線「あびこ」駅下車 1番出口 東北東へ約700m
・JR阪和線「我孫子町」駅下車 東へ約1,400m
・近鉄南大阪線「矢田」駅下車 西南西へ約1,700m
*会場への車やバイク等での来場はお控えください。

【実践報告会に関するお問い合わせ先】
教育庁 教育振興室支援教育課 企画調整グループ

Jissenhoukoku

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2016年8月16日 (火)

みんなといっしょに高校へ行きたい!~9/4(日) 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会(枚方市)の案内

障害のある子どもの高校進学についての学習会が、9月4日(日)、大阪府枚方市で行われます。

大阪府には、知的障害のある生徒が普通高校で学ぶための制度「知的障がい生徒自立支援コース」と「共生推進教室」があります。この学習会では、大阪府教育庁(以前の大阪府教育委員会事務局)の担当の方がその制度の説明をされます。

また、そうした特別枠ではない一般受験で高校に進学した生徒さんとその保護者からの報告も行われます。

障害のある子どもさんも保護者の方も、学校の先生も、支援者の方も、高校進学に関心のある方、どうぞご参加ください。

(チラシより)
みんなといっしょに高校へ行きたい!
第15回 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

とき:2016年9月4日(日) 午後1時30分~4時30分

ところ:枚方市立総合福祉会館 ラポールひらかた 4階 ミーティングルーム1・2
    (駐車場有、京阪枚方市駅下車北へ500メートル)

参加費:無料

障害のある生徒の高校進学の現状、自立支援コース・共生推進教室の制度など、情報を知って進路を決めよう!

①“知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”の簡単な総会

②大阪府教育委員会支援教育課より 障害者の高校受験について 「自立支援コース」「共生推進教室」の説明と質疑応答

③お話し~私が経験したこと、考えたこと~「いま、高校生活を楽しんでます!」

④フリートーク 会場から、質疑応答、意見交流、情報交換

⑤終了後、どんな小さな疑問にも答える進路相談会を開きます

主催 知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
共催 寝屋川市の義務教育における医療的ケアを考える会
協力 大阪府教育委員会

Kitakawa20169

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

8/25(木) 「府立高校における支援教育推進フォーラム」の案内

大阪府教育庁(以前の大阪府教育委員会事務局)が催す「府立高校における支援教育推進フォーラム」の案内を載せておきます。

学校の先生方が主な対象ですが、一般府民も参加でき、入場無料・参加申込不要とのことです。興味のある方はお出かけください。

(以下、大阪府教育庁のホームページ http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=24758 より。ここからチラシのダウンロードもできます)

府立高校における支援教育推進フォーラムの開催について

文部科学省「高等学校における個々の能力・才能を伸ばす特別支援教育」事業

府立高校等で学ぶ障がい等のある生徒に対し、一人ひとりの教育ニーズに応じた適切な指導・支援が行えるよう、成果の発信と共有に努めるとともに、社会的自立や社会参加を踏まえた小中高の引継ぎと連携の推進を図るため、「府立高校における支援教育推進フォーラム」を以下のとおり開催します。

(日時)
平成28年8月25日(木曜日)
午後1時から午後5時

(場所)
大東市立文化ホール(サーティホール) 〒574-0037 大東市新町13-30

(参加対象)
府立学校の教職員
市町村教育委員会支援教育担当指導主事
市町村立小中学校支援教育担当教員
私立学校の教職員
参加を希望される一般府民
※入場無料・参加申込不要

(内容)
実践報告
(1)響け!青春ビートサウンド -ともに学び、ともに育つ仲間とともに- (府立枚岡樟風高等学校)
(2)高等学校における個々の能力・才能を伸ばす特別支援教育事業について (府立岬高等学校)
(3)高等学校における発達障がい等支援事業の取組み (府立泉鳥取高等学校)
(4)通級指導教室における通常の学級との連携について (門真市立第三中学校)

講演
発達障がいのある生徒への社会的自立に向けた支援 -自己理解を進めるために-

Osakafu2016825

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2016年7月 3日 (日)

みんなといっしょに高校へ!~7/17(日) 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会(池田市)の案内

『「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会』が大阪府池田市で催す、高校進学についての学習会の案内です。

大阪には、知的障害のある生徒が普通高校で学ぶための「知的障がい生徒自立支援コース」と「共生推進教室」の制度があります。今回、大阪府教育庁(以前の大阪府教育委員会事務局)の担当者を講師にお迎えし、これらの制度について詳しく説明していただきます。

また、そうした特別枠でなく、一般の入試で合格して進学している生徒も、「重度」といわれる生徒も含めて、少なからずいます。その一般受験についても、長年、障害のある生徒の高校進学に関わってきた齊喜慶三さんが現場の経験を踏まえて話をします。

高校進学の情報が得られる貴重な機会です。障害のある子どもさんも保護者の方も、学校の先生も、支援者の方も、どうぞご参加ください。

(チラシより)

第29回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
みんなといっしょに高校へ!

じっくり聞いて、しっかり決めよう!

2016年7月17日(日)午後1時30分~4時30分

場所:池田保健福祉総合センター

講師:大阪府教育庁支援教育課首席指導主事 久郷正征さん
   豊能地区進路保障協議会事務局次長 齊喜慶三さん

話を聞いた後、個別の進路相談にも応じます

「障害」があっても、点数をとるのが難しくても、府立高校に入れるの?
「障害」が重くても大丈夫?どんな方法で受検できるの?
「受検時配慮」って何?入学してからも「配慮」はあるの?
「知的障がい生徒自立支援コース」って「手帳」がいるの?
「共生推進教室」って何?倍率は?選考基準は?筆記テストは?
卒業後の進路は支援学校高等部の方が、たくさんあるんじゃないの?

じっくり聞いて、みんなで考え しっかり、進路を決めましょう!

参加費:無料 

手話通訳あります。

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会

協力:大阪府教育庁

協賛:障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議 高校問題を考える大阪連絡会

後援:能勢町教育委員会 豊能町教育委員会 池田市教育委員会 箕面市教育委員会 豊中市教育委員会 吹田市教育委員会 摂津市教育委員会 茨木市教育委員会 高槻市教育委員会 島本町教育委員会

(会場案内)
保健福祉総合センター 池田市城南3丁目1-40  電話番号:072-754-6010

行き方:
電車・・・阪急電車宝塚線「池田」駅(急行停車駅)下車、徒歩約15分
バス・・・阪急池田駅阪急バス停留所「東乗り場2番」より乗車、「市立池田病院前」下車、徒歩約2分

駐車場:27台(有料) 
30分以内無料/31分~60分 300円/61分~ 30分ごとに100円追加

Hokusetsu20167omote

Hokusetsu20167ura

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2016年6月28日 (火)

大阪市生野区の保護者の会で、障害のある生徒の高校進学について話しました

先日5月26日、大阪市生野区を中心にした障害のある子どもの保護者の会「輪母(わはは)ネットワーク」の集まりで、『障害のある子どもの普通高校進学という選択肢』というテーマで話をさせていただきました。

その時の様子を同ネットワークのブログで紹介してくださっていますので、ご覧ください。
http://wahahanetwork.hatenablog.com/entry/2016/06/03/003705

当日、お話しした内容は次のとおりです。

1 知的障害のある生徒が高校で学ぶための特別枠がある(大阪独自の制度)

2 知的障がい生徒自立支援コースとは?

3 共生推進教室とは?

4 他の生徒と同じように、一般受験で普通に進学している生徒も

5 新しいタイプの高校──「エンパワメントスクール」

6 受験では障害の状態に応じた配慮が受けられる

7 入学してからの支援体制は?

8 単位取得・進級はだいじょうぶ?

9 卒業後の進路は?

10 その他

11 情報収集の機会、支援団体

2016年6月27日 (月)

来春の高校受験に向けて~7/23(土) 中3生のつどい『みんなといっしょに高校に行くぞ~!!』の案内

来春の高校受験に向けて、「分けない教育・保育をすすめる大阪市民の会」が催す中3生のつどい『みんなといっしょに高校に行くぞ~!!』の案内です。

受験を考えている障害のある子どもさんと保護者はもちろん、学校の先生も支援者の方も、高校進学に関心のある方、みなさま、どうぞご参加ください。

(チラシより)

みんなといっしょに高校に行くぞ~!!

日時:2016年7月23日(土) 午後1時30分~4時30分

場所:大阪府障害者社会参加促進センター 2階

今年も障害のある中3生がたくさん高校に挑戦

とる点数は限りなく0点、とれても絶望的に低い点数、全盲で知的障害…、多種多様な中3生が来春の高校入試に挑戦します。
分けない教育・保育をすすめる大阪市民の会は、「今年の高校受検」を中心に「中3生のつどい」を開きます。
中3生とその保護者や関係者が主役ですが、小学生、中学1年生・2年生も遠慮なくどうぞ。高校受検を控えてどんなことに悩み、どのような受検上の配慮を希望しているか、生の声を聞いて今後に活かして下さい。
高校生や高校卒業生で言いたいことがある人、体験を語りたい人もどうぞ。

参加費:無料(資料が必要な方のみ資料代:300円)

保育はありませんが、お子様と一緒に気軽にお越しください。

中学生はできる限り親子で参加を

主催 分けない教育・保育をすすめる大阪市民の会
共催 高校問題を考える大阪連絡会(考える会)
   障大連教育部会

Osakashi2016723omote

Osakashi2016723ura

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

より以前の記事一覧

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31