話題の本

« 大阪府教育庁から講師を招いて~7/21(土) 高槻市、7/28(土) 枚方市で高校進学の学習会 | トップページ | 「学力テストの成績を先生の給与や学校予算に反映させる!?」~大阪市長の意向に対して、障害のある子どもの教育の観点から意見を言います。 »

2018年7月19日 (木)

地域でともに学び、ともに生きる「自閉症」の青年の日常を描いた小説『トミーの夕陽』が舞台化されます。

枚方自閉症児(者)親の会代表の鶴島緋沙子さんの小説『トミーの夕陽』(つげ書房新社刊)をご存じでしょうか。

鶴島さんは、「自閉症」という概念が日本に入ってきたころの半世紀あまり前から、「自閉症」の息子さんとともに、障害があっても地域であたりまえに暮らす生き方を切りひらいてこられました。

『トミーの夕陽』は、そのご自身の体験を下敷きにして書かれた小説で、いろんな人たちとの豊かな関わりの中で生きる「自閉症」の青年の日常を描いています。枚方市の小中学校における草創期の「ともに学び、ともに育つ」教育のエピソードも登場します。

その『トミーの夕陽』が、関西芸術座で舞台化されることになったというお知らせをいただきましたので、ご案内します。

以下、関西芸術座のウェブサイトより。チケットの予約方法など詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。 → http://kangei.main.jp/stage/newstage.html#p251

公演No.251 トミーの夕陽 

-つげ書房新社刊-

◆芸術文化振興基金助成事業
◆大阪市助成公演

大きなお陽様は、ゆっくり落ちていく。
五才のあんたは泣いてるカーサンの手を振りほどいてそう言ったのよね、トミー。

柏木亜紗子は息子・富美郎(トミー)と二人暮らしである。
夫が交通事故で亡くなった時、トミーはまだ5才だった。
トミーは自閉症。23才になった今も会話はオウム返しだし、あらゆる事にこだわりがあり、その手順が変わると激しく混乱しパニックになったりもする。
奇矯な行動にも映るその振る舞いは世間からの誤解や中傷を生んだりもした。
トミーが大怪我をして入院した時も、同室の患者たちとの間に色んなトラブルが生じるのだが…。

1998年公開、山田洋次監督作品「学校Ⅲ」の原作ともなった「トミーの夕陽」を舞台化。
寄り添い生きる母と息子、見守り包み込む人々との温もりとペーソスに溢れたものがたり―――

【会場】 ABCホール

【日時】 2018年 9月7日(金)19:00
          8日(土)13:00/17:00
                     9日(日)11:00/15:00

【料金】 一般:3,500円
           シニア(70歳以上)・学生・障がい者:3,000円

« 大阪府教育庁から講師を招いて~7/21(土) 高槻市、7/28(土) 枚方市で高校進学の学習会 | トップページ | 「学力テストの成績を先生の給与や学校予算に反映させる!?」~大阪市長の意向に対して、障害のある子どもの教育の観点から意見を言います。 »

枚方の「共に学び共に育つ教育」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/66958830

この記事へのトラックバック一覧です: 地域でともに学び、ともに生きる「自閉症」の青年の日常を描いた小説『トミーの夕陽』が舞台化されます。:

« 大阪府教育庁から講師を招いて~7/21(土) 高槻市、7/28(土) 枚方市で高校進学の学習会 | トップページ | 「学力テストの成績を先生の給与や学校予算に反映させる!?」~大阪市長の意向に対して、障害のある子どもの教育の観点から意見を言います。 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31