話題の本

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月19日 (木)

地域でともに学び、ともに生きる「自閉症」の青年の日常を描いた小説『トミーの夕陽』が舞台化されます。

枚方自閉症児(者)親の会代表の鶴島緋沙子さんの小説『トミーの夕陽』(つげ書房新社刊)をご存じでしょうか。

鶴島さんは、「自閉症」という概念が日本に入ってきたころの半世紀あまり前から、「自閉症」の息子さんとともに、障害があっても地域であたりまえに暮らす生き方を切りひらいてこられました。

『トミーの夕陽』は、そのご自身の体験を下敷きにして書かれた小説で、いろんな人たちとの豊かな関わりの中で生きる「自閉症」の青年の日常を描いています。枚方市の小中学校における草創期の「ともに学び、ともに育つ」教育のエピソードも登場します。

その『トミーの夕陽』が、関西芸術座で舞台化されることになったというお知らせをいただきましたので、ご案内します。

以下、関西芸術座のウェブサイトより。チケットの予約方法など詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。 → http://kangei.main.jp/stage/newstage.html#p251

公演No.251 トミーの夕陽 

-つげ書房新社刊-

◆芸術文化振興基金助成事業
◆大阪市助成公演

大きなお陽様は、ゆっくり落ちていく。
五才のあんたは泣いてるカーサンの手を振りほどいてそう言ったのよね、トミー。

柏木亜紗子は息子・富美郎(トミー)と二人暮らしである。
夫が交通事故で亡くなった時、トミーはまだ5才だった。
トミーは自閉症。23才になった今も会話はオウム返しだし、あらゆる事にこだわりがあり、その手順が変わると激しく混乱しパニックになったりもする。
奇矯な行動にも映るその振る舞いは世間からの誤解や中傷を生んだりもした。
トミーが大怪我をして入院した時も、同室の患者たちとの間に色んなトラブルが生じるのだが…。

1998年公開、山田洋次監督作品「学校Ⅲ」の原作ともなった「トミーの夕陽」を舞台化。
寄り添い生きる母と息子、見守り包み込む人々との温もりとペーソスに溢れたものがたり―――

【会場】 ABCホール

【日時】 2018年 9月7日(金)19:00
          8日(土)13:00/17:00
                     9日(日)11:00/15:00

【料金】 一般:3,500円
           シニア(70歳以上)・学生・障がい者:3,000円

2018年7月 4日 (水)

大阪府教育庁から講師を招いて~7/21(土) 高槻市、7/28(土) 枚方市で高校進学の学習会

障害のある生徒の高校進学についての学習会がこの7月、高槻市と枚方市で行われます。

どちらの学習会も、大阪府教育庁の担当者の方から、知的障害のある生徒が公立高校で学ぶための大阪独自の制度「知的障がい生徒自立支援コース」「共生推進教室」の説明をしていただくとともに、一般の高校の受験に関する情報も提供します。

高校進学に関心のある方はどなたでも、ご都合のよいほうにどうぞ足をお運びください。

(以下、チラシより)

●高槻市 7月21日(土)

第35回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

じっくり聞いて、しっかり決めよう みんなといっしょに高校へ!

「障害」があっても、点数をとるのが難しくても、府立高校に入れるの?
「障害」が重くても大丈夫? どんな方法で受検できるの?
「受検時配慮」って何? 入学してからも「配慮」はあるの?
「知的障がい生徒自立支援コース」って「手帳」がいるの?
「共生推進教室」って何? 倍率は? 選考基準は? 筆記テストは?
卒業後の進路は支援学校高等部の方が、たくさんあるんじゃないの?

講師:豊能地区進路保障協議会事務局長 荒井 瞬さん
   大阪府教育庁支援教育課首席指導主事 三宅 恭子さん

日時:2018年7月21日(土) 午後1時30分~午後4時30分

場所:高槻市立障害者福祉センター(ゆう・あいセンター) 4F研修室
   〒569-0075 高槻市城内町1番11号 TEL 072-672-0267  
   阪急高槻市駅から400m
   高槻市立第一中学校の北側、城内公民館のすぐ近く、しろあと歴史館の隣です。

参加費:無料 申し込み:不要

手話通訳あり。保育はありませんが、お子様連れで気軽にお越し下さい。

学習会終了後、個別質問や個別相談の時間を作ります。

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
共催:大阪バリアフリーネットワーク
協力:大阪府教育庁

Hoku20187_1

Hoku20187_2jpg_2

●枚方市 7月28日(土)

第19回「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

みんなといっしょに高校へ行きたい!

本当に点数が取れなくても公立の高校にいけるの?
重度の障害のある生徒が普通の高校に通っていると聞きましたが?
「知的障がい生徒自立支援コース」ってなに?
「共生推進教室」って、どんなところ?
倍率は? 選考基準は? 筆記テストもあるの? ウチの子はどうかな?
普通高校を受けるとき、受験時の配慮って、どんな配慮がしてもらえるの?
「いまさら聞けない疑問」にもていねいにお答えします

とき:2018年7月28日(土) 午後1時30分~4時45分

ところ:枚方市立総合福祉会館 ラポールひらかた 4階 ミーティングルーム1・2
    TEL 072-845-1602
    ※工事のため駐車場閉鎖中・詳しくは会館に確認を
    京阪枚方市駅下車 北へ500メートル

参加費:無料

障害のある生徒の高校進学の現状、自立支援コース・共生推進教室の制度や普通高校の受験・進学など情報を知って進路を決めよう!

①“知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”の簡単な総会

②大阪府教育庁支援教育課主席指導主事 三宅恭子さんより
 障害者の高校受験について 「自立支援コース」「共生推進教室」の説明と質疑応答

③お話し~私が経験したこと、考えたこと~澤田健太さん・美枝さん(母)
 演題『ともに学び ともに生きる~友達のちから~』
 健太さんは、地元の小中学校、大阪市立桜宮高校・自立支援コース、大学の科目履修生の後、現在乗馬クラブで働いておられます。

④フリートーク 会場から、質疑応答、意見交流、情報交換

⑤終了後、どんな小さな疑問にも答える進路相談会を開きます

主催 知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
共催 寝屋川市の義務教育における医療的ケアを考える会
協力 大阪府教育庁

Kita2018_3

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31