話題の本

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月24日 (火)

2/18(土) 豊中市「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム2017」の案内

毎年恒例の大阪府豊中市の「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」の案内をいただきましたので、掲載します。

(チラシより)

とよなか発/子ども・いのち
第15回 インクルーシブ教育を考えるシンポジウム 2017

 豊中では40年近くにわたり、「障害」のある子もない子も地域の学校で、同じクラスでともに生活し、ともに学び、ともに育つことを大切にした教育を進めてきました。
 昨年4月には「障害者差別解消法」が施行されました。また、「豊中市障害児基本方針」も改定され、基本方針がめざすインクルーシブ教育の目的のひとつとして「共生社会の形成」を示すとともに、障害のある児童生徒と障害のない児童生徒が「ともに学び、ともに育つ」教育をさらに充実・発展させるとしています。今回のシンポジウムでは改めて「共生社会」の実現にむけたとりくみやともに地域の学校で学ぶことの意義を一緒に考えていきたいと思います。

とき 2月18日(土) 午後1時30分~4時30分 〈受付:午後1時~〉

ところ 豊中市立大池小学校 体育館
    (豊中市本町1-7-12 阪急宝塚線「豊中駅」下車 東へ100m)

第一部 講演
「ともに地域で生きること、学校で学ぶこと」~相模原事件と命の重み~
講師 立岩 真也さん(社会学者・立命館大学大学院先端総合学術研究科 教授)

第二部 パネルディスカッション
コーディネーター 遠藤 哲也さん(毎日新聞社 学芸部 副部長)
パネリスト 立岩 信也さん(社会学者・立命館大学大学院先端総合学術研究科 教授)
      鍛治 克哉さん(自立生活センター メインストリーム協会 スタッフ)
      花原 さおりさん(保護者)  
      阪本 珠生さん(豊中市立南桜塚小学校 教員)

入場無料

主催:豊中市教職員組合、毎日新聞社

インクルーシブ教育とは:「障害」のあるなしで学ぶ場を分けるのではなく、すべての子どもが普通学級で学び、その子の必要に応じた支援を行う教育。

Toyonaka2017

2017年1月22日 (日)

【書籍の紹介】『大阪の学校 、どこへ行く ? 橋下教育改革の通信簿』

このたび、電子書籍『大阪の学校 、どこへ行く ? 橋下教育改革の通信簿』(発言する保護者ネットワークfrom大阪・著)が発刊されましたので、ご案内します。

これは、近年、大阪で行われてきた「教育改革」によって、学校現場でどんなことが起こっているかを保護者が中心になってレポートした本で、「ともに学び、ともに育つ」教育のことについても取り上げられています。

私も『「高校改革」でしぼむ公立高校におけるインクルーシブ教育』という原稿を書いています。

みなさま、ぜひお読みください。kindle(キンドル)の形式の電子書籍で、下記リンクからアマゾンで購入できます。

通常は価格100円なのですが、現在、無料ダウンロードキャンペーン中で、0円でダウンロードできます。キャンペーンは1月23日(月)16時59分までです。

書籍の主な内容は下記の通りです。

------------------------------
【だれのための教育改革?】
教育基本条例ってだれのため?

【学校選択制は保護者のニーズ?】
学校選択制の現状と課題
「熟議 学校選択制」の委員として感じたこと
学校統廃合の問題─地域コミュニティの中の学校という視点に立って

【15の春を泣かせてる!】
猫の目「改革」の高校入試制度
混乱だけの入試改革
全国学力学習状況調査を進路評定に活用することについて
教育評価の観点からみた「学力テスト」高校入試への援用問題について
「高校再編」という名の高校つぶし

【民間人まかせって新しい?】
不祥事のデパート、「公募校長」
「教育は強制」映す、教育長のパワハラ

【「ともに学ぶ」はどこへ?】
ダウン症の長男 市立小学校が入学拒否?
「障害は特別なことではない」理解を広める公教育を
「高校改革」でしぼむ公立高校におけるインクルーシブ教育

【教育改革の目玉ってこれ?】
大混乱、中学校給食
実録「これが大阪の中学校給食だ!」
新しい英語教育事業はバブリー

【大阪で学んでいきたいのに】
朝鮮人学校の無償化は?
「大阪市立デザイン教育研究所」廃止騒動
もっと「学童保育」を充実させたい

【教科書、そして「口もとまで監視」の不気味】
子どもたちを戦争に行かせる教科書は要らない!
“君が代”条例
子どもと保護者が見て感じた君が代斉唱問題

【現場の課題にどう向き合う?】
個別指導教室について
大阪版「学校協議会」の危うさを思う
桜宮高校事件
------------------------------

※kindle版電子書籍を読むには

kindleの端末を持っていなくても、パソコンやスマホにkindleアプリが入っていたら読むことができます。アプリが入っていない場合は、まず、こちらからインストールしてください(無料)。
https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp

なお、パソコンのOSがWindows XPの場合は、この最新バージョンのアプリは使えないので、こちらから1.16バージョンをインストールしてください。
https://kindle-for-pc.jp.uptodown.com/windows/old

2017年1月18日 (水)

人工呼吸器をつけて地域で生きる ともに生きる力を育もう~2/5(日) 『風よ吹け!未来はここに!!』DVD上映会&講演会in大阪の案内

バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~(旧:人工呼吸器をつけた子の親の会)さんから、ドキュメンタリーDVD『風よ吹け!未来はここに!!』の大阪上映会&講演会の案内をいただきましたので、掲載します。

なお、下記バクバクの会HPからもチラシのダウンロード、参加申し込みができるとのことです。
https://www.bakubaku.org/

(以下、バクバクの会からのメール転載)

2/5風よ吹け!未来はここに!!DVD上映会&講演会in大阪のご案内

バクバクの会では、ドキュメンタリーDVD『風よ吹け!未来はここに!!』~人工呼吸器をつけて地域で生きる ともに生きる力を育もう~を作成し、全国5都市で、上映会&講演会を開催します。

このDVDは、人工呼吸器をつけていても、豊かに地域生活を送っている事例を紹介し、地域生活の必要性の啓発とともに、支援を躊躇している人々の後押しとなることを目的に作成いたしました。
人工呼吸器をつけて保育園や学校に通う子どもたち、自立生活をしている若者たちとその人たちを取り巻く人たちがありのままに登場しています。
ともに生きる、ともに学ぶ、地域で暮らすの実践がここにあります。一般の方々、専門職の方々にぜひみていただきたいドキュメンタリーDVDです。

昨年12/17(土) 広島県情報プラザにて、第1回目の上演会&講演会を開催し、多くの方々のご支援、ご協力のもと、成功裏に終わることができました。
その第2回目を、2/5(日) 大阪ドーンセンターにて開催いたします。
多くの皆さまのご参加をお願いいたします。

日時:2月5日(日)13:00~16:30 (開場12:30)

場所:ドーンセンター パフォーマンス・スペース
   (大阪府立男女共同参画・青少年センター)

内容:DVD上映(60分)
   講演1『康裕くんとゆかいな仲間たちー学校生活Part2』(45分)
       巽 康裕くん、巽 奈歩さん (DVD出演者・バクバクの会)
       長谷川佳奈さん (箕面市立豊川北小学校教諭)
       内堀三紀代さん (箕面市立豊川北小学校看護師)
   講演2『障害者差別解消法と ともに生きる社会』(50分)
       東 奈央さん(弁護士)
   意見交換 他

参加費:無料(定員150名)

主催:バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~

参加申込先:bakuinfo@bakubaku.org(@を半角に変えてください)

※代表者氏名(ふりがな)、参加人数、住所、電話番号又はE-Mail、所属(当事者・家族・保育・教育・医療・福祉関係・学生・その他)をご明記ください。
尚、事前申し込み優先となっております。事前申し込みが定員に満たない場合のみ当日の受付もいたします。

※『個人情報保護に関する確認事項』申込書に記入いただいた個人情報は、参加人数の把握及び内容変更・中止等のご連絡が目的であり、ご記入いただいた情報は、第三者に提供することはございません。

詳細は添付してありますチラシをご覧ください。
当日、皆さまにお会いできるのことをバクバクの会一同、楽しみにしております。

Bakubaku25_1

Bakubaku25_2jpg_2

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

【プロモーション映像】

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30