話題の本

« 1/26(土) 北村小夜さん講演会(大阪・PLP会館)の案内 | トップページ | 「こんな学校をつくりたい」 みんなの学校・大空小学校をを参考に~2/1(土) 学びをひろげる わたしと○人の会(第3回)の案内 »

2014年1月12日 (日)

2/1(土) 「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」(豊中市)の案内

毎年恒例、大阪府豊中市で行われる「インクールシブ教育を考えるシンポジウム」の案内を豊中市教職員組合からいただきましたので、掲載します。

Toyonakainclusive2014_2

(チラシより)

とよなか発/子ども・いのち
第12回 インクルーシブ教育を考えるシンポジウム

入場無料

 豊中では40年近くにわたって「障害」のある子も、ない子も地域の学校で同じクラスでともに生活し、ともに学ぶことを大切にした教育をすすめてきました。
 2013年6月に「障害者差別解消法」が成立し、国連で採択された(2006年)「障害者権利条約」については、日本も2013年12月に条約への批准が国会で承認されました。
 今回のシンポジウムでは、「障害者権利条約」の第24条「教育」に示されている「合理的配慮」とはどういうことか、また、インクルーシブな教育をどのようにすすめていけばよいかをともに考えていきたいと思います。

と き 2月1日(土) 午後1時30分~4時30分〈受付:午後1時~〉

ところ 豊中市立大池小学校 体育館
     (豊中市本町1-7-12 阪急宝塚線豊中駅下車 東100m)

第一部 講演
      「教育の場における『合理的配慮』とは?」~「障害者差別解消法」を巡って~
      講師 北野誠一さん(前東洋大学教授)

第二部 パネルディスカッション
      コーディネーター 遠藤哲也さん(毎日新聞学芸部副部長)
      パネラー 北野誠一さん
            高木智志さん(花園大学学生)
            小澤久美さん(保護者)
            山口奈津樹さん(豊中市立南桜塚小学校教員)

主催:豊中市教職員組合、毎日新聞社

インクルーシブ教育とは:「障害」のあるなしで学ぶ場を分けるのではなく、すべての子どもが普通学級で学び、その子の必要に応じた支援を行う教育。

« 1/26(土) 北村小夜さん講演会(大阪・PLP会館)の案内 | トップページ | 「こんな学校をつくりたい」 みんなの学校・大空小学校をを参考に~2/1(土) 学びをひろげる わたしと○人の会(第3回)の案内 »

インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/58933407

この記事へのトラックバック一覧です: 2/1(土) 「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」(豊中市)の案内:

« 1/26(土) 北村小夜さん講演会(大阪・PLP会館)の案内 | トップページ | 「こんな学校をつくりたい」 みんなの学校・大空小学校をを参考に~2/1(土) 学びをひろげる わたしと○人の会(第3回)の案内 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31