話題の本

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

7・8・9月、障害のある生徒の高校進学についての学習会が行われます(池田市・大阪市・寝屋川市)

中学卒業後の進路をお考え中の、障害のある子どもさん、保護者のみなさん、中学校の先生方へ。

障害のある生徒の高校進学についての学習会が、7・8・9月、大阪府内各地で行われます。

いずれも、大阪府教育委員会の支援教育の担当者をお迎えして、知的障害のある生徒が公立高校でともに学ぶ制度「知的障がい生徒自立支援コース」「共生推進教室」の説明をしていただきます。それから、一般の公立高校の受験情報も提供します。

障害のある生徒の中学卒業後の進学先は、特別支援学校高等部しかないと思われがちですが、ここ大阪では、“重度”といわれる障害のある生徒も、毎年、一般の公立高校に進学し、ほかの生徒たちとともにあたりまえの高校生活を送っています。

ぜひ、これらの学習会で情報を得て、高校進学の進路をひらいていってください。

●7月(池田市)
Hoku0371
Hoku0372

第20回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
「みんなといっしょに高校へ!」

2013年7月20日(土) 午後1時30分~4時30分

場所:池田市保健福祉総合センター

講師:大阪府教育委員会首席指導主事 島津邦廣さん     
   豊能地区進路保障協議会事務局次長 齊喜慶三さん

(話を聞いた後、個別の進路相談にも応じます)

障害があっても、点数をとるのが難しくても、府立高校に入れるの?
障害が重くても大丈夫?どんな方法で受検できるの?
「受検時配慮」って何?入学してからも「配慮」はあるの?
「知的障がい生徒自立支援コース」って「手帳」がいるの?
「共生推進教室」って何?倍率は?選考基準は?筆記テストは?
卒業後の進路は支援学校高等部の方が、たくさんあるんじゃないの?

じっくり聞いて、みんなで考え しっかり、進路を決めましょう!

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会

協力:大阪府教育委員会

協賛:障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議
   高校問題を考える大阪連絡会

後援:能勢町教育委員会 豊能町教育委員会 池田市教育委員会
   箕面市教育委員会 豊中市教育委員会 吹田市教育委員会 摂津市教育委員会
   茨木市教育委員会 高槻市教育委員会 島本町教育委員会

(会場案内)
保健福祉総合センター

池田市城南3丁目1-40  電話番号:072-754-6010

電車・・・ 阪急「池田」 徒歩15分
バス・・・ 阪急バス「市立池田病院前」 徒歩2分
施設循環福祉バス・・・ 「センター入口」 すぐ
駐車場 27台(有料)

●8月(大阪市)
Osak0381
Osak0382

第4回 大阪市「障害」のある子どもの高校進学を実現する学習会
「みんなといっしょに高校に行きたい!!」

受検上の配慮って何、どんなものがあるの?
入学できた場合、配慮はしてもらえるの?
「自立支援コース、共生推進教室」は療育手帳が必要なの?
障害が重くても、点を取るのが難しくても、高校に入学できるの?
障害児・者の高校進学について、疑問・質問にていねいにお答えします。

日時:2013年8月31日(土)午後1時30分~4時30分

場所:大阪市立早川福祉会館 2階201号室
    〒546-0033 大阪市東住吉区南田辺1-9-28 TEL:06-6622-0122

1時30分過ぎ~3時ごろ
 大阪府教育委員会支援教育課 島津邦廣さん
 ―知的障がい生徒自立支援コースなどの取り組みについて―

質疑応答終了後10分ほど休憩

3時過ぎ~4時過ぎ
 親の思い:中学卒業後の進路
 ―知的障害児の高校入学をめぐって―

質疑応答終了後一旦閉会。閉会後場所を変えて個別質問時間を作ります。

参加費:無料(資料が必要な方のみ資料代:200円)

保育はありませんが、お子様と一緒に気軽にお越しください。

主催 障害児の高校入学を実現する大阪市民の会

協力 大阪府教育委員会

共催 高校問題を考える大阪連絡会
    障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議(障大連)教育部会

後援 大阪市教育委員会

(会場のご案内)
大阪市立早川福祉会館 2階 201号室
〒546-0033 大阪市東住吉区南田辺1-9-28
TEL:06-6622-0122/FAX:06-6622-0121

【電車でお越しの方】
地下鉄谷町線「駒川中野」下車、西へ徒歩10分
地下鉄御堂筋線「西田辺」下車、東へ徒歩15分
JR阪和線「南田辺」下車、南東へ徒歩15分

【バスでお越しの方】
市バス「東住吉区役所前」下車すぐ
4つの路線が通っていますが、全て1時間に1本程度です。

【お車でお越しの方】
駐車場有(地下駐車場)(無料ですが、満車の際はご了承ください)

●9月(寝屋川市)
Kita039

第9回 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
「みんなといっしょに高校へ行きたい!」

本当に点が取れなくても公立の高校にいけるの?
重度の障害のある生徒が普通の高校に通っていると聞きましたが?
「知的障がい生徒自立支援コース」ってなに?
「共生推進教室」って、どんなところ?
倍率は? 選考基準は? 筆記テストもあるの? ウチの子はどうかな?
受験時の配慮って、どんな配慮がしてもらえるの?
「いまさら聞けない疑問」にもていねいにお答えします

とき:2013年9月14日(土) 午後1時30分~5時

ところ:寝屋川市民会館 3階 講義室 ℡072-823-1221 駐車場有
     京阪寝屋川市駅東へ徒歩10分

ないよう:障害のある生徒の高校進学の現状、自立支援コース・共生推進教室の制度など、情報を知って進路を決めよう!

※最初に、“知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”の総会をします。

①大阪府教育委員会支援教育課から、障害者の高校受験について
 「自立支援コース」「共生推進教室」の説明と質疑応答

②メッセージタイム ワークシートに質問、意見などを記入
 日頃思っていることなどを自由に記入していただきます。

③メッセージを基に、質疑応答、意見交流、情報交換
 今回は会場内のフリートークを充実させたいと思います。

④終了後、どんな小さな疑問にも答える進路相談会を開きます。

参加費:無料

主催 知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
共催 寝屋川市の義務教育における医療的ケアを考える会

協力(申請中) 大阪府教育委員会

後援(申請中) 
枚方市教育委員会 寝屋川市教育委員会 門真市教育委員会
守口市教育委員会 交野市教育委員会 大東市教育委員会 四条畷市教育委員会

2013年6月22日 (土)

『はらっぱ』2013年6月号 特集「障害児と子育て支援を考える」

社団法人子ども情報研究センターの機関誌、『はらっぱ』。最新2013年6月号の特集は、同センターの「障害児の生活と共育を考える部会」の企画による『障害児と子育て支援を考える』です。

内容は、子育て支援の必要性が叫ばれながら、“障害児は別枠”の議論が進められているいま、障害のある子どもと子育て支援の課題を考えようというもの。

障害のある子どもを育てている親の座談会や、筑波技術大学准教授の一木玲子さんによる論考『障害児を取り巻く政策・動向の現状と課題 インクルーシブ教育=「共生を創造する体験」の共有』などが掲載されています。

1冊700円+送料(1~6冊:100円)で購入できます。詳しい内容と購入方法は、下記、子ども情報研究センターのホームページをご覧ください。
http://www.kojoken.jp/syoseki/harappa.html

201306_2

2013年6月19日 (水)

7/13(土)「知的障害者を普通高校へ北河内連絡会」7月定例会の案内

「知的障害者を普通高校へ北河内連絡会」は、大阪の北河内地域(守口市・枚方市・寝屋川市・大東市・門真市・四條畷市・交野市)を拠点に、障害のある生徒の高校進学をはじめ、「ともに学ぶ」ことを支援している市民団体です。

7月の定例会の案内を掲載します。どなたでも、北河内地域以外の人でも参加できますので、高校進学を考えている生徒さんや保護者のみなさん、お気軽にご参加ください。

Kitakawa20137

(案内より)

みんなといっしょに高校へ行きたい!
知的障害者を普通高校へ北河内連絡会

 梅雨さ中ですが、皆さま如何お過ごしですか。
 一学期の行事もいよいよ後半ですね。
 体力も少し落ちる時期ですが、あともうひと踏ん張り、夏休みに向けて学校生活をより充実させたいものです。
 さて、7月定例会では、一学期を終える子どもたちの様子を交流し合いましょう。また、高校やその後の進路についても話し合いたいと存じております。9月の学習会は会員のニーズに応えていくには工夫が求められます。アイディアを出し合い全会員のものにしていきましょう。
 どうか気軽にご参加ください。

第87回定例会のご案内

とき:7月13日(土)午後1時半~4時半頃

ところ:枚方市ラポールひらかた(℡072‐845‐1602) 4階 研修室3 有駐車場

内容
・1学期を終えた子どもたちと親の思い
・今後の高校入試と進路について情報交換
・「医療的ケア」の現状と課題
・第9回学習会の実施に向けて、など

※9月14日(土)は総会・学習会です。予定に入れておいてくださいね。

2013年6月10日 (月)

7/6(土) セミナー「卒業後のはなし~高校を卒業したらどうするの~」の案内

ひらの地域生活支援センター「時空想(ジグソー)」(大阪市平野区)が催す、障害のある子どもの高校卒業後の生きかたを考えるセミナーの案内です。私も参加する予定です。

場所の「旧デイPOP」は、JR大和路線「平野」駅下車すぐ、スーパーのイズミヤ平野店の向かい側にあります(後日、地図入りのチラシをアップします→アップしました)。

Jigsaw20137_2

(以下、転載)

時空想セミナー
「卒業後のはなし」 ~~高校を卒業したらどうするの~~

 小学校を卒業したら中学校に行く。中学校を卒業したら高校に行く。高校を卒業したら?????どうするの。
 みんな、この大きな変節をどう考え、どんな思いで乗り切っていったのでしょうか。希望と不安、夢と現実の間で、親も子も揺れているはず!・・・・・
 今回は、先輩のお母さん達とのお話の中で「うちの場合」をイメージしてみてください。
 高校生・中学生の親御さんはもとより、これからのことをゆっくりと考えてみたいな~と思っておられる小学生や小さい子の親御さんも、どうぞ、参加してみてください。

日時:7月6日(土)13:30~16:00

場所:旧デイPOP(イズミヤ前)

参加費:300円(クッキー、フリードリンク付)

申込締め切り:6月29日(土)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
お申し込み・お問い合わせ:
ひらの地域生活支援センター「時空想 jigsaw」
〒547-0046 大阪市平野区宮町1-5-5-171
TEL: 06-6793-4355   FAX:06-6793-4363
E-mail:pop-jig@oct.zaq.ne.jp(@を半角に変えてください)
担当:白木、稲葉、武藤

2013年6月 3日 (月)

6/9(日)茨木市で高校進学の個別進路相談会を行います

「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会では、6月9日(日)、障害のある生徒の高校進学の個別進路相談会を茨木市で催します。

これは、5月18日(土)に行った『第19回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会』のアフターフォローとして企画したものです。

学習会に参加された方はもちろん、参加されなかった方も、お気軽にお越しください。高校進学だけでなく、障害のある子どもの教育に関することは何でも受け付けます。

Shinrosodan201369
Shinrosodan2013692

(チラシより)

みんなといっしょに高校へ! 個別進路相談会

 第19回学習会でさまざまな情報が得られたことと思います。その情報を元にどのように動いて行けばいいのか。。。また、我が子の場合はどうするのが一番いいのか。。。など具体的なことがはっきりとは思い描けないと思います。

 そこで、学習会のあと具体的なことなどもっと突っ込んだ進路相談ができるようにと個別進路相談会を企画しました。

 中学3年生になってからでは、あっという間に受験に突入していきます。少しでも早いうちに高校進学に向けて動いていくことが大事です。

 この機会にぜひ我が子の中学卒業後の進路に向けて、ご遠慮なくなんでもご相談ください。

日時:2013年6月9日(日)午後1時30分~4時30分

場所:茨木市立障害福祉センター「ハートフル」 
    〒567-0819 大阪府茨木市片桐町4番26号(電話:072-620-9818)
    阪急茨木市駅西口から800メートル、JR茨木駅東口から1300メートル

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
共催:地域・校区で「障害児・者」の生活と教育を保障しよう茨木市民の会

協賛:障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議
    高校問題を考える大阪連絡会

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30