話題の本

« 文部科学大臣政務官、丹羽秀樹さんへ。 | トップページ | 1/25(金)しめきり 「大阪府教育振興基本計画」パブリック・コメント »

2013年1月10日 (木)

2/2(土)豊中「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」の案内

毎年恒例、豊中市の「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」(主催:豊中市教職員組合、毎日新聞社)の案内をいただきましたので、掲載します。

チラシの案内文にこうあります。

『豊中では40年近くにわたって「障害」のある子も、ない子も地域の学校で同じクラスでともに生活し、ともに学ぶことを大切にした教育をすすめてきました。』

「地域の学校で」というだけでなく、「同じクラスで」とはっきり言っているところに、豊中の先生たちがこだわってきた、子どもたちを「分けない」という強い意志を感じます。

Toyonaka201322

(チラシより)

とよなか発/子ども・いのち
第11回 インクルーシブ教育を考えるシンポジウム

入場無料

 豊中では40年近くにわたって「障害」のある子も、ない子も地域の学校で同じクラスでともに生活し、ともに学ぶことを大切にした教育をすすめてきました。2011年7月「障害者基本法」が改正され、国・地方公共団体は「障害」のある児童・生徒と「障害」のない児童・生徒がともに教育を受けられるよう配慮し、施策を講じなければならないとしました。

 こうした中、今回のシンポジウムでは、インクルーシブ教育の今を見つめ、これからどのように深めていくのか、みなさんと考えていきます。

とき 2月2日(土) 午後1時30分~4時30分 <受付:午後1時~>

ところ 豊中市立大池小学校 体育館
    (豊中市本町1-7-12 阪急宝塚線豊中駅下車 東100m)

第一部 講演
「インクルーシブ教育の今、そしてめざすもの」~分ける教育から、ともに学ぶ教育へ~
講師 堀 智晴さん(常磐会学園大学 教授)

第二部 パネルディスカッション
コーディネーター 
遠藤 哲也さん(毎日新聞社 学芸部 副部長)

パネラー 
堀 智晴さん
上田 哲郎さん(豊中市障害者自立支援センター 管理者)
田村 香代美さん(保護者)
瀬尾 亜希さん(豊中市立熊野田小学校 教員)

主催:豊中市教職員組合、毎日新聞社

※インクルーシブ教育とは
 「障害」のあるなしで学ぶ場を分けるのではなく、すべての子どもが普通学級で学び、その子の必要に応じた支援を行う教育。

« 文部科学大臣政務官、丹羽秀樹さんへ。 | トップページ | 1/25(金)しめきり 「大阪府教育振興基本計画」パブリック・コメント »

インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/56512119

この記事へのトラックバック一覧です: 2/2(土)豊中「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」の案内:

« 文部科学大臣政務官、丹羽秀樹さんへ。 | トップページ | 1/25(金)しめきり 「大阪府教育振興基本計画」パブリック・コメント »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31