話題の本

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

6/30(土)「尊厳死問題」を知ろう勉強会、ライブ配信

6月3日の記事でご案内した、人工呼吸器を付けた子の親の会 <バクバクの会>主催の『「尊厳死問題」を知ろう勉強会』、下記のようにライブ配信が行われるそうです。

----------------------------------------------------
先日、お知らせいたしました、「尊厳死問題」を知ろう勉強会
6月30日14:00~16:00をUSTREAMでライブ配信いたします。

当日、会場への参加が難しい方、遠方の方はこちらでご視聴くださいませ。

http://www.ustream.tv/channel/尊厳死問題を知ろう
↑ 上記すべて「尊厳死問題を知ろう」までを入力してアクセスしてください。

もしくは以下URLなら、クリックしてすぐジャンプします。
http://bit.ly/LPRv18

2012年6月14日 (木)

就学時・学校内などでの悩み、ご相談ください~6/18(月)・19(火) 障害児教育相談 ホットライン大阪

「全国一斉 障害児の普通学級就学ホットライン」(就学時や学校内などでの悩みに応える電話相談)が6月18日(月)・19日(火)、実施されます。

大阪で行われる「ホットライン大阪」の相談窓口をご紹介します。

Hotline

(チラシより)

障害児教育相談 ホットライン大阪

2012年6月18日(月)・19日(火)
全国連(障害児を普通学校へ・全国連絡会)が、「全国ホットライン」を実施します。
大阪でも、「ホットライン大阪」を実施します。

子どもさんの小学校入学を控えて悩んでいる方、積極的にご相談下さい。
小学校・中学校・高校でどうしようと思っている方、遠慮なくご相談下さい。
18日・19日は、どんな「障害」があっても地域の小中学校で「ともに学び、ともに生きる教育」で子どもを育ててきた母親を中心に、複数名でお待ちしています。


6月18日(月) 午前10時~午後4時
6月19日(火) 午前10時~午後4時

電話番号;06-6779-8136
まず、「ホットラインでしょうか」とおたずね下さい

注1;電話がかかる場所は障大連です。
注2;障大連その他個人宅での相談も日常的に受け付けています。

※障大連(障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議)

2012年6月 5日 (火)

【緊急のお願い】就学先決定の仕組みを改正して共生共学へ!~大臣がんばれファックスと院内集会を成功させよう!

就学通知の送付から障害のある子どもを除外するしくみをつくっている「学校教育法施行令第5条」の改正に向けて、障害者権利条約批准・インクルーシブ教育推進ネットワークから、緊急アクションのよびかけです。

【よびかけ その1】 平野文部科学大臣にメッセージを!

Fax

就学先決定の仕組みを改正して共生共学へ!
文科大臣に応援ファックスを届けよう!

私たちの声を届けよう期間
2012年6月13日まで

FAX・メール 文部科学大臣宛
03-6734-3590
hourei@mext.go.jp

●団体、個人で、学校教育法施行令5条を改正して全ての子どもに小中学校の就学通知を送るよう要望してください。(団体・個人名、市町村名記入)

●団体の皆さん、文科大臣に意見書、要望書を送ってください。議連案に賛同していることを伝えてください。

●個人の皆さん、地域の学校を希望したら教育相談でこんなこと言われた、こんな苦労をしたなど具体的な体験談を届けて下さい。

●5月末日、民主党インクルーシブ教育推進議員連盟(議連)が文部科学大臣に、「学校教育法施行令5条を改正して障害の有無に関係なく全ての子どもに小中学校の就学通知を出す」という議連案を手渡しました。

●対して推測される文科省案は、実質今と変わらないものです。6月中には決まってしまいます!今声を出さないと原則分離のままです!議連を応援しましょう!施行令5条を改正して全ての子どもに地域の学校の就学通知を!文科大臣に声を届けましょう!

障害者権利条約批准・インクルーシブ教育推進ネットワーク

【よびかけ その2】 6月14日(木)の国会内集会にご参加を!

《2012.6.9追記》会場を「地下1階 講堂」とお知らせしていましたが、「1階 講堂」の誤りだそうです。チラシを正しいものに差し替え、修正しました。

Syukai2

共に生きる社会は共に学ぶ学校から
6歳の春を分けるな
集まろう! 声をあげよう! 変えていこう!

インクルーシブ教育の実現に向けて
法改正を求める連続院内集会vol.5

就学先決定の仕組みを改正して共生共学へ!

 文科省が就学先決定を仕組みが書かれている学校教育法施行令改正作業を行っています。
 インクルーシブ教育を推進する議員連盟(インクル議連)は、5月31日、議連改正案を文部科学大臣に手渡しました。
 インクル議連の改正案は、学校教育法施行令第5条を改正して、障害の有無に関係なくまず全ての子どもに小中学校の就学通知を出すものです。
 推定される文科省案は、認定就学制度を廃止し、親の意見の聴取と専門家の意見を総合的に判断して、教育委員会が就学先を決定する、というもので、これで原則分離制度ではない、障害者権利条約を批准できると考えているようです。
 今、学校教育法施行令が議連案になるか文科省案になるかの瀬戸際を迎えています。
学校教育法施行令は6月中に決まってしまいます! 今しか声を上げるときはありません!!
 皆さん、国会議員が文科省に対抗してがんばってくれています!
 院内集会に集まりましょう! 150人入る講堂を人であふれさせましょう!

2012年6月14日(木) 15時00分~16時30分

参議院議員会館 地下1階 講堂 「1階 講堂」
地下鉄「国会議事堂前」・「永田町」下車

入行証が必要です。14時20分からロビーで配布します。

プログラム(調整中)
1.開会挨拶・集会趣旨説明    
2.インクル議連案報告         
3.議員紹介及び挨拶(随時)
4.参加者からの発言 など

文部科学大臣ら出席要請中!

主催:インクルーシブ教育を推進する議員連盟(インクル議連)

連絡先
障害者権利条約批准・インクルーシブ教育推進ネットワーク
03-3353-7771  四谷共同法律事務所気付 
jyoyaku-inclu-net@victory.nifty.jp(@を半角に変えてください。)

(チラシ6月4日版) (チラシ6月8日版)

※資料:現行の就学手続き図と議連改正(案)イメージ図
Shiryou_2

2012年6月 3日 (日)

6/30(土)バクバクの会「尊厳死問題を知ろう」勉強会の案内

人工呼吸器を付けた子の親の会<バクバクの会>から、勉強会の案内をいただきましたので、掲載します。

Bakubaku6_2

(以下、チラシより)

***************************
人工呼吸器を付けた子の親の会 <バクバクの会> 勉強会
     尊厳死問題を知ろう
***************************

日時:2012年6月30日(土) 14:00~16:00

場所:みのお市民活動センター 会議室
    箕面市坊島4-5-20
    http://www.shimink.jp/sub/kotu.html

講師:八木晃介さん(花園大学教授・社会学)

 現在、尊厳死法(「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」)を今国会に上程する動きがあります。適切な医療を受けても回復の可能性がなく、死期が間近と判断される状態を「終末期」と定義し、本人の「希望しない」という意思表示があれば、人工呼吸器の使用や人工栄養の補給などの治療をしなくても医師は責任を問われないとするものですが、現在すでに行われている治療の停止も含むという案も出されようとしています。

 人工呼吸器をつけた子どもたち(バクバクっ子)は、長期に渡って人工呼吸器や経管栄養を使いながら生活しています。バクバクっ子のほとんどは、当初、医師から生命予後不良との宣告を受けたものの、それらの予測を大きく覆して、それぞれの地域で様々な困難に直面しながらも、年齢に応じた当たり前の社会生活を送りたいと願い、道を切り拓いて来ました。その生き抜く彼らの姿から、生きても仕方のない命など一つもないことを私たちは教えられました。人の命は、専門家といえども簡単に推し量ることはできません。法制化により、高齢者や重度障害、難病をもつ人々の命が縮められたり、命が軽視されたりすることにつながって行くのではないでしょうか?

 尊厳死ってどういうこと? 終末期ってどういうこと?
 尊厳死を法制化するって、どういう意味があるの?

 バクバクの会では、どんな人もかけがえのない人間として最後まで生を尊重され、当たり前に暮らしていける社会をめざす活動の一環として、「尊厳死」や「尊厳死法制化」について今一度学び直そうと勉強会を企画しました。

 「尊厳死法制化」は、日本で生きるすべての人たちの「生きる」ということに関わることです。どなたでもご参加いただけます。より多くの方のご参加をお待ちしております。

参加費:無料

お問い合わせ: バクバクの会事務局
〒562-0013 大阪府箕面市坊島4-5-20 みのお市民活動センター内
TEL/FAX: 072-724-2007  E-Mail: bakuinfo@bakubaku.org(@を半角に変えてください。)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31