話題の本

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

松井知事、私たちの声を聞いてください~教育2条例に対する障害当事者と保護者の意見(その1)

『「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に!ネットワーク』が、大阪府の教育2条例に対して、記者会見(3月19日の記事参照)で発表した意見を掲載します。

1回目は、脳性まひの障害をもち、地域の小中学校、府立高校で学んできた当事者、北口昌弘さんからの意見です。

北口さんのライフストーリーを通して、障害のある子どもは、他の子どもたちとの関係性の中でこそ、自立する力が養われるのだということがわかります。これは障害のある子どもだけでなく、すべての子どもについて言えることではないでしょうか。

大阪府で4月から施行される教育2条例が、こうした子どもたちの豊かな「ともに学び、ともに育つ」関係を破壊していくのではないかと、心配です。

----------------------------------------------------------------
障害をもちながら地域で共に学び共に育ちそして共に生きること

大阪バリアフリーネットワーク代表 北口昌弘

Img_0524001

 私は、生まれた後の高熱とけいれんにより、脳性まひという障害を持ち、手足と言語が不自由になり、車椅子生活を送っている。

 私の両親は、私を一人の人間として育てたい思いがたいへん強かった。そのため私は、小学校から高校まで地域の学校に通った。ところが、地域の小学校に通えることが決まったのは、入学する前年の大晦日の頃だった。

 私が住む大阪府高槻市では、約40年前から地域の学校に障害児が通えるようになっている。しかし、私の母からの話によると、私が入学する小学校の先生の中に、私を入学させることに反対している先生がいたから、決定に時間がかかったようだった。そして私が入学しても、反対していると思われる先生から挨拶さえもしてくれなかったことがしばらく続き、気持ちがつらいときもあった。

 それでも私は、地域の小学校に入学して、自宅周辺に住む同級生と友だちになり、共に遊んだり、勉強したり、いじめなどの辛い経験をしたときも、精神的に支えてくれた。また、私が成長していくにつれ、様々な関心が生まれ、興味を持つことを選ぶことが出来た。友だちと虫取りに行って楽しむ経験は、地域の学校に通うからこそ体験することができる。

 そして、高校生になり、いじめなどで友だち関係が行き詰まり、でも自分がもつつらい思いをさらけ出すことができないことがしばらくあった。その中で、友だちや母親から自分の思いをまわりにきちんと伝えなければ、理解してくれる仲間を増やすことができないというアドバイスをうけて、我に返り自分の障害に向き合い、もがき苦しんだあげく、ようやく自分の思いを仲間に伝えることができた。そして、自分の思いをわかってくれる仲間ができて、学校生活を精神的に支えてくれた。

 このような経験を通じて、自分が重い障害を持つ人たちの代弁者になり、社会に障害者問題を主張して、障害あるなしに関わらず全ての人々が暮らしやすい世の中にしたい思いが生まれた。こういう志を持つことが出来たから、私は、大学そして大学院に進学することが出来た。

 もし私が、養護学校すなわち現在の特別支援学校に通っていたら、自宅の近くで友だちをつくることが出来なく、地域で孤立した生活を送っていたと思う。そして、自分の障害に向き合うことがなかなか出来ず、決められたレールを進むだけの人生になっていたと思う。

 このように、障害を持つ子どもが地域の学校に通うことにより、地域で孤立せず、多くの選択肢の中から、障害を持たない子どもと共に、学校生活での様々な場面において、興味や関心がある物事を選ぶことで、自己決定する力を養うことができる。すなわち、障害を持たない子どもによる支援を得ながら彼らは、自己実現することが大切である。このようなことを体験することが出来るのは、地域の学校の大きな利点であると私は考えている。

 私が地域の学校で学んだことの中で、生活に一番役立っていることは、自分ができないことを仲間など私に関わってくれる人に的確に説明できることであると考えている。現在は、地域の学校には介助員などサポートしてくれる方がいるけれど、私が学校に通っていた時は、介助員という制度がないので、同級生に身の回りのことを頼んで生活していた。小学校の間は、言語障害が重くて、私の思いがうまく伝わらなく、辛い思いをすることもあった。私が、中学生になり、自分で自分のことを言うときが増えていく中で、伝わりにくい言葉を別の言葉に言い換えて、話すことを母親が教えてくれてから、自分の思いを仲間に伝えやすくなった。

 高校生になって、入学してしばらくの間は、関わってくれる仲間が多かったけれど、時間がたつにつれて、だんだん少なくなり、私が孤立することもあった。それでも、私は、仲間に自分の生活のしんどさや辛さを知られたくない思いになっていた。

 その頃は、通学で母親がしんどくて送迎することが困難になっていて、そのことを仲間になかなか伝えられなかった。私が、高校へ行く目的は、仲間や先生に障害者のことを理解してもらうためなので、私が生活で困っていることを仲間に話して、手伝ってもらうようにしなければ、私が高校へ通う意味がないから、高校を辞めなさいと母親に言われ、大喧嘩したあげく、仲間に生活で困っていることを伝えると、下校の時に私の自宅前の階段を昇るのを手伝ってくれたこともあった。また、数学の勉強内容が難しくなって、母親のサポートが難しくなったときに、違うクラスの数学が得意な仲間に頼むと、自宅で数学の勉強を手伝ってくれたこともあった。

 現在は、地域の学校において、介助員が障害をもつ子どもの支援をしている。そのため、仲間にできないことを頼むことがなくなり、いつも介助員という大人の方が障害をもつ子どもの横にいるため、仲間どうしの関わりがやりにくくなっている。介助員が直接サポートするより、障害をもつ子どもが仲間にサポートのお願いをして、仲間がサポートをして、そのかたわらで介助員が見守ることが大切だと私は考える。もし、障害をもつ子どもが仲間にサポートしてほしい事をうまく伝えることができない場合は、介助員が代弁することにより、理解してくれる仲間が増えると思う。

 地域で生きることは、いろんな人との関わりになれることが大切なので、地域の学校に通うことで多くの仲間の出会いを通じて自分が苦手なことやできないことを受け止めて、支援して欲しいことを的確に説明する力を培うことができる。

2012年3月19日 (月)

教育2条例案をめぐり、松井知事に話し合いを要望

大阪府内123団体で構成する『「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に! ネットワーク』では、大阪府の教育2条例案(「教育行政基本条例案」「府立学校条例案」)をめぐって、松井知事に話し合いを求める要望書を3月14日(水)、提出しました。

要望書は、障害のある子どもとその保護者の立場から、「学校選択制」「府立高校の統廃合」「支援学校の増設」について、問題点を指摘しています。

文末に全文を掲げますので、どうぞお読みください。

要望書の提出後、同ネットワークは府政記者クラブで記者会見を行い、保護者と障害当事者が意見を発表しました。その内容は今後、引き続き掲載していきます。

Img_05191_2
記者会見の様子(2012.3.14 府政記者クラブ)

Asahi20123151
朝日新聞大阪本社版 2012.3.15付

(要望書)
大阪府知事 松井一郎 様

「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に! ネットワーク
(構成団体) 障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議
高校問題を考える大阪連絡会等 123団体(裏面に記載)

松井知事、私たちは「条例案」に危惧しています。

 私たちは障害があっても地域であたりまえに生きたいと願う、障害当事者および障害のある子どもとその保護者、支援者を中心とする大阪府内123団体の市民ネットワークです。私たちも大阪府民の一員です。
 私たちとの話し合いの場を早急に設けてください。私たちとの話し合いを持っていただけるかどうか、3月中にお答えください。話し合いの様子や結果は公表し、広く大阪府民に知らせます。

私たちが話し合いたいのは、次のような事がらです。

学校選択制について
子どもたちは地域校区の友だちと楽しく学校生活を送っていますが、学校選択制になることで、このような楽しい生活が奪われていくのではないかと心配と不安がいっぱいです。地域の学校がなくなったら障害のある子は遠くの学校に通うのは難しい、地域の子どもたちがばらばらの学校に行くことになると心の通い合う絆がなくなってしまう、などなど、障害のある子どもたち、親たちの不安はいっぱいです。

府立高校の統廃合について:
どんな障害があっても地域の小・中学校に近所の友だちといっしょに通ってきたら、ほとんどの同級生たちが行く府立高校へ通いたいと思うのは当然の気持ちです。知的障害のある生徒たちも定員割れで合格し、さまざまな経験をしながら高校生らしくなり、生きる力を身につけています。10年間も諦めずに門をたたき続けてやっと高校生になり、青春を取り戻している生徒もいます。定員割れの高校を統廃合でなくしてしまったら、障害がある生徒たちにとって数少ない高校への門が閉ざされてしまいます。

支援学校の増設について:
多額のお金をかけて支援学校の増設を打ち出されています。一般的には支援学校を増設することが障害のある子どもたちのためだと思われているようです。松井知事もそうお考えかもしれません。しかし子どもたち自身はもちろん、親もそんなことを望んではいません。地域の学校が障害のある子どもたちも不安なく楽しく通うことができるのであれば、だれが分けられた場がほしいと望むでしょうか?障害のある子に冷たい学校はどの子にも冷たい学校です。公立の学校を子どもたちみんなが「明日も行きたい!」と待ち望む学校にすることこそが、条例案の趣旨ではないのでしょうか?

「自立」と「競争」、「小中学校の留年制」などについても話し合いたいです。

■ 条例案は、子どもたちの幸せを祈って考えられたものだと思います。けれども、そこには子どもたち自身の声が反映されているでしょうか?残念ながら子どもには投票権はありません。子どもたちのためにと願う善意が空回りしているのではないでしょうか?
公立の学校で生活し学習する子どもたちの声を聞き取ることが施策の第一であるべきなのに、そこのところを抜きにした施策は当を得ているとは言えません。もったいない話です。

■ 障害を持つ親子の、本当の願いをぜひとも聞き取ってください。よろしくお願いします。

※ 2012年1月25日、府庁内で記者会見した時のまとめを添付します。

「『共に学び、共に生きる教育』日本一の大阪に! ネットワーク」連絡先
代表:鈴木留美子(すずき・るみこ)  
事務局:松森 俊尚(まつもり・としひさ) ※連絡先省略

2012年3月18日 (日)

3/25(土)『「大阪の教育」ガチ熟議!』の案内

知人が実行委員をしているイベント『「大阪の教育」ガチ熟議!』の案内をいただきましたので、掲載します。

イベントの詳細、参加申し込みは下記「こくちーず」へ。
http://kokucheese.com/event/index/24981/
Gati1_2
Gati2

(チラシより)
「大阪の教育」ガチ熟議!

 先の府知事・市長ダブル選挙で大阪維新の会が勝利をおさめ、教育基本条例などを通して、公教育や教育行政のあり方を問い直す議論が提起されています。歓迎と反発の声が両方聞こえる中で、私たちは、賛成・反対という二項対立を超えて、様々な立場や考えの人たちが出会い、対話できる場を持ちたいと考えました。
 多様なステークホルダーが、大阪の教育の現状を学び、問題意識を共有し、積極的・建設的に対話・議論を重ねることで、大阪の教育に主体として責任を持って関わっていく人が増え、大阪の教育がよりよくなると考え、そのための第一歩として今回の熟議を開催します。
 この日、この時間をともにすることで、集まった皆さんが、線でつながり、面となること。 そして、ともに学び、対話を重ね、大阪の教育の「よりよい未来」を創造するエンジンとなることを願って。
 大阪の教育を支える皆さん! 3月25日、一堂に会し、ガチで話し合いましょう!

■日時;3月25日(日)13:30~17:00(13:00 開場)

■場所;大阪府教育会館(たかつガーデン) 8階「たかつ西」 @上本町/谷町9丁目

■対象;大阪の教育に関心のある府民の方、府外の方 ※定員100名

■参加費;1000円

■内容 ;前半(13:45~14:45)パネルディスカッション
      後半(15:00~16:20)グループディスカッション
       ※後半のディスカッションには、鈴木寛・前文部科学省副大臣も参加される予定です!

■パネリスト
 白井智子 さん  NPO法人トイボックス代表理事・スマイルファクトリー校長
 寺脇 研 さん  京都造形芸術大学教授
 長尾 彰 さん  文部科学省熟議恊働員
 本間正人 さん  NPO法人 学習学協会代表理事
 森 実 さん   大阪教育大学教授
 倉田哲郎 さん  大阪府箕面市長
 置田浩之 さん  大阪府議会議員 大阪維新の会

【!】 ぜひ当日までに下記条例案もご一読下さい。
「大阪府教育行政基本条例(案)」(
http://t.co/idvbjWWY
「大阪府立学校条例(案)」(
http://t.co/MVV9gI2M

【!】熟議当日は、Ustreamで会場の様子をネット配信する予定です。また、事後のレポートなどで、当日撮影した写真を使用することになります。写真や映像に映ることに不都合がある場合は、申し込み時にお伝え下さい。

【申込手続き】『3月25日ガチ熟議』で検索⇒「こくちーず」( http://t.co/1DLayNv6 )にて
もしくは、お問い合わせ&お申し込みFAX.番号 ⇒ 072-879-7625

■主催  「大阪の教育」ガチ熟議!実行委員会     
■協賛  教育同人社

2012年3月15日 (木)

大阪市の教育委員、公募中! 3/26 (月)まで

教育関連条例案(「教育行政基本条例案」と「市立学校活性化条例案」)で揺れる大阪市で、市教育委員会の委員を公募中です。

橋下市長の意向で初の公募となったそうで、市長いわく、「僕がやろうとしている教育を理解してもらった上で、全国から募りたい」とのこと。(産経ニュース 2012.3.7 20:29)

第一次選考は、「大阪市の教育の現状分析と私の提案」というテーマの論文審査で行うそうです。みなさん、思いのたけを論文に書いて応募してみるのもおもしろいのでは?

募集要項など詳しくは下記、大阪市のホームページをご覧ください。
http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000159909.html

そこから、抜粋して情報を掲載しておきます。

----------------------------------------------------------
大阪市教育委員会委員候補者を公募します

大阪市では、教育委員1名の任期満了(佐藤友美子委員:任期 平成24年3月30日まで)に伴い、次のとおり教育委員会委員候補者を公募します。

1  公募内容
(1) 職務内容等

【採用予定人員】1名

【職種及び役職】大阪市教育委員会委員

【身分】地方公務員法第3条第3項第1号に規定する特別職の地方公務員(非常勤)

【主な職務内容】
・定例及び臨時の教育委員会会議への出席及び議案等の審議
・大阪市会への出席
・学校視察、研修会への出席
・各種式典への出席
・教育課題についての協議会実施   など

(2)任用期間
  結果発表後、市会提出案件として提出が可能な最も早い市会で同意を得た日から4年間

2 応募資格
次の(1)から(3)の全ての要件を満たす者でなければ応募できません。

(1) 平成24年3月26日時点で年齢が満25歳以上で、大阪市長の被選挙権を有する者(日本国籍を有する者)

(2) 教育、学術及び文化に関して識見を有する者。ただし、学校管理経験や教育行政に携わった経験の有無は問わない。

(3) 次のいずれにも該当しない者
   ア 破産者で復権を得ない者
   イ 禁固以上の刑に処せられた者

(中略)

3 報酬
日額 35,100円(「非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例」の定めによる。)
※ ただし、この金額から一定の割合減額された金額で支給されます。
※ 上記日額報酬以外に、交通費が実費支給されます。

4 選考のスケジュール
受付期間  平成24年3月8日(木)から平成24年3月26日(月)

(中略)

7 論文作成要領
次のテーマについて、2,000字以内で論じてください。(A4縦サイズ、横書き)
  テーマ「大阪市の教育の現状分析と私の提案」
 ※ 提出された論文については公開を原則とします。
 ※ 論文は日本語で作成し、未発表のものに限ります。
 ※ 論文のはじめに応募者の氏名を明記してください。

(後略)

2012年3月 5日 (月)

3/10(土)「子どもが危ない!どうする教育条例・原発 橋下さん・松井さんにひとことトーク」の案内

3月10日(土)に枚方市で行われる、「子どもが危ない!どうする教育条例・原発 橋下さん・松井さんにひとことトーク」の案内をいただきましたので、掲載します。

Canxio51

(チラシより)
3/10(土)
「子どもが危ない!どうする教育条例・原発 橋下さん・松井さんにひとことトーク」

枚方市民会館2階第6集会室[午後1時半~4時](出入り自由:資料代100円)

報告①大阪の教育未来図・アメリカの「先進例」から学ぶ
     ②「原発安全神話」教育批判(小中学校での教育現場から)
      リレートーク(市民・保護者・学生等どなたでも、言いたい事何でも)

 先日発表の教育条例案でも、教育計画は知事・市長が決定。高校の学区撤廃・三年連続定員割れは統廃合に。また橋下市長は小中学校の「自由選択」、大阪市内297の小学校のうち、101 校統廃合の方向を表明しています。学校のない地域とある地域との格差が拡大し、地域の機能そのものも失われます。「障害児」のみならず、子どもは地域のつながりの中で育てられるものではないでしょうか?

 府民・市民のみなさん。3月11日に私たちは東北大震災と福島原発事故から1年を迎えます。すでに広島原爆の168個分の放射能が拡散しているとのこと。しかし文部科学省や電力資本は原発は安全とする教育をあいかわらずすすめようとし、また大阪府・大阪市は放射能汚染のがれきの受け入れを表明。焼却による放射能のまき散らしの危険性すらあります。

 そして大阪では「都構想」や「教育改革」が鳴り物入りで打ち上げられ、進行しています。しかし私たちは現在の維新の会(代表橋下大阪市長)がすすめる「改革」の内容や手法に大きな疑問や不安を感じています。そしてそれに呼応する政界・財界の動きやマスメディアのあり方にも。今、橋下政治に対して自由に議論や批判をすることができない雰囲気もつくられているように感じられます。また橋下さんを支持する・しないにかかわらず、「選挙で選んだあの人にまかせておけばうまくやってくれる」というのでは、本物の民主主義とはいえないのではないかとも思います。

 そこで未来の社会を担う子どもたちに大きな影響を与える教育条例と原発・放射能の問題を中心に、橋下さん・松井さんに言いたい!市民の声を伝えたい!という思いをあつめ、発信する場をもちたいと企画しました。皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

2012年3月 4日 (日)

“地域の学校に入学してからの不安や悩みについて、共に考えてみませんか?”~南大阪「障害のある子どもの学校生活を考える学習会」Part-3のご案内

私たち、 『障害のある子どもの小学校入学ガイド Q&A』の編集メンバーが、堺市で催している連続学習会の第3回の案内です。

障害のある子どもさんの保護者をはじめ、学校の先生、支援者など、関心のある方はみなさん、どうぞご参加ください。

Minami31
Minami32
(チラシより)

★南大阪★ 障害のある子どもの学校生活を考える学習会 Part-3

地域で『共に学ぶ』って? 入学してから大丈夫なの?
~地域の学校に入学してからの不安や悩みについて、共に考えてみませんか?~


地域の学校…? 支援学校…? 小学校入学をひかえ、お子さんの就学先で悩んでいる保護者のみなさんへ。 
ここ大阪では、地域の学校で、障害のある子もない子もいっしょに育ちあう「ともに学び、ともに育つ教育」が大切にとりくまれてきました。
地域の学校の生活って、どんな感じ? 「ともに学ぶ」ことの意味は? 
1・2回目はこれまで地域で学んできた障害当事者や保護者から、素敵なエピソードをお聞きしました。その後の意見交換では、地域の普通学校への入学が困難との報告がありました。
今回は、学校に入学してからの不安や、悩みについて、教員、保護者、障害当事者などを交えて、意見交換したいと考えています。
保護者の方、学校の先生や支援者など、多くのみなさんのご参加を!

と き:2012年3月17日(土) 午後1時30分~午後4時30分

ところ:大阪府立障がい者交流促進センター ファインプラザ大阪 3階 第1研修室
    ・堺市南区城山台5丁1番2号  ・TEL 072-296-6311

参加費:無料

保育あり
保育をご希望の方は、3月9日(金)までに 
①お名前、②連絡先、③お子さんの年齢、④配慮すべきこと 
を明記し、下記問い合わせ先までお申し込みください。

主催:大阪バリアフリーネットワーク
共催:「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に!ネットワーク 

●問い合わせ:北口昌弘(大阪バリアフリーネットワーク代表、バリアフリーアドバイザー)
 Tel/Fax 072-695-0840  
 Mail masahiro-fwnc9850.@docomo.ne.jp(@を半角に変えてください)

※この事業は、大阪府福祉基金地域福祉振興助成金を活用して行っています。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31