話題の本

« 勝山高校の卒業生と先生がコラボする絵画展 | トップページ | 『マンガで知る橋下教育基本条例案』と集会の案内 »

2012年1月16日 (月)

“医療的ケアを受けながら、地域の小学校で学ぶ”~南大阪「障害のある子どもの学校生活を考える学習会」Part-2のご案内

私たち、『障害のある子どもの小学校入学ガイド Q&A』の編集メンバーが、堺市で催す学習会の第2回の案内です。

第1回(2011年11月26日)の時の案内はこちら

今回は、医療的ケアを受けながら、地域の小学校で学んでいる人工呼吸器ユーザーの子どもさんと保護者の方から、学校生活の様子やこれまでの経験をお話しいただきます。その後、参加者全員で交流会を行います。

障害のある子どもさんの保護者をはじめ、学校の先生、支援者など、関心のある方はみなさん、どうぞご参加ください。

Photo_2 

★南大阪★ 障害のある子どもの学校生活を考える学習会 Part-2

地域で「ともに学ぶ」って…? 学校とのつきあいかた

と き:2012年1月21日(土) 午後1時30分~午後4時30分

ところ:大阪府立障がい者交流促進センター ファインプラザ大阪 3階 第3研修室
     (堺市南区城山台5丁1番2号 TEL.072-296-6311)

地域の学校…? 支援学校…? 小学校入学をひかえ、お子さんの就学先で悩んでいる保護者のみなさんへ。

ここ大阪では、地域の学校で、障害のある子もない子もいっしょに育ちあう「ともに学び、ともに育つ教育」が大切にとりくまれてきました。

地域の学校の生活って、どんな感じ?「ともに学ぶ」ことの意味は? 
1回目の学習会では、これまで地域で学んできた障害当事者や保護者から、すてきなエピソードを聞きました。
今回は受け入れた学校の側からの本音など、具体的な体験談を聞きます。

保護者の方、学校の先生や支援者など、多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

【話題提供】
 「医療的ケアを受けながら、地域の小学校で学ぶ」(仮題)
花城和希くん(小学6年生)・美幸さん(保護者)

*その後、さまざまな疑問に答える交流会を行います。
  (障害当事者、先輩保護者、学校の先生、支援者を交えて)

保育あり 手話通訳あり

※保育をご希望の方は、1月13日(金)までに ①お名前、②連絡先、③お子さんの年齢、④配慮すべきこと を明記し、下記問い合わせ先までお申し込みください。

主催:大阪バリアフリーネットワーク 
共催:「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に! ネットワーク

●問い合わせ:
  北口昌弘(大阪バリアフリーネットワーク代表、バリアフリーアドバイザー)
  Tel/Fax 072-695-0840  
  Mail masahiro-fwnc9850.@docomo.ne.jp(@を半角に変えてください)

この事業は、大阪府福祉基金地域福祉振興助成金を活用して行っています。

« 勝山高校の卒業生と先生がコラボする絵画展 | トップページ | 『マンガで知る橋下教育基本条例案』と集会の案内 »

医療的ケアが必要な子どもたち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/53747194

この記事へのトラックバック一覧です: “医療的ケアを受けながら、地域の小学校で学ぶ”~南大阪「障害のある子どもの学校生活を考える学習会」Part-2のご案内:

« 勝山高校の卒業生と先生がコラボする絵画展 | トップページ | 『マンガで知る橋下教育基本条例案』と集会の案内 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31