話題の本

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

橋下「教育基本条例」で学校はどうなるの?~10/8 子どもに「教育への権利を!」大阪教育研究会の案内

子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会の例会の案内をいただきましたので、掲載します。

今回は、今、問題になっている大阪維新の会の「教育基本条例案」がテーマです。

この研究会には、「ともに学び、ともに生きる教育」に関わる障害当事者や保護者も参加しています。みなさんもご参加いただき、いっしょに考えませんか。

(以下、転載)
-----------------------------------------------------------
会員の方はもとより、初めての方の参加も大歓迎です。
是非、参加していただき、一緒に議論を深めていきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会 例会のご案内

  □日時 2011年10月8日(土) 18:00~21:00 
  □場所 阿倍野市民学習センター  第1研修室 
         (地下鉄谷町線「阿倍野」下車、阿倍野ベルタ3階)  
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼例会内容 
  【1】橋下「教育基本条例」で学校はどうなるの?
  【2】原発事故・放射能に関する教育実践を進めるために

▼内容案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
橋下「教育基本条例」で学校はどうなるの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 8月22日、橋下「大阪維新の会」は、「教育基本条例」「職員基本条例」の概要を公表しました。今後、大阪府議会と大阪市会では9月定例議会、堺市議会では11月定例議会へ条例案を提出するとしています。

  「教育基本条例」案は、これまでの教育を「政治があまりにも遠ざけられ、民意が十分に反映されてこなかった」と批判し、「政治が適切に教育行政における役割を果たす」ことを目的に掲げています。これは、「教育の理念」や「教育目標」も選挙で選ばれた知事と議会が支配することを宣言することを意味し、「教育は、不当な支配に服することなく」と国家権力からの介入を禁じてきた戦後教育の根本原理を否定するものです。

 条例案は、知事が教育への介入・支配を思うがままに進められるように絶大な権限を与えています。知事は、府教育委員会と協議の上「府立高校の実現すべき目標」を設定することになっています。府教委はそれを実現するための「指針」を策定し、校長は「具体的・定量的な目標設定」を義務図けられ、その実現に邁進させられます。校長は、全員公募で期限付き採用に切り替えられます。知事の設定する目標を実現できない場合は、すぐさま解雇の対象となります。教員も「教育委員会の決定、校長の職務命令」「校長の経営指針」に全面的に従うことが要求されます。そこには、子どもの姿からスタートする地に足の着いた教育ではなく、知事の目標に忠実な「下部組織」があるだけです。

 では、知事はどのような教育を進めようとしているのでしょうか。条例案の「基本理念」には、改悪された教育基本法さえ踏みこえて愛国心と新自由主義を掲げるものとなっています。「個人の自由とともに規範意識を重んじる」「個人の権利とともに義務を重んじる」「他人への依存や責任転嫁をせず、互いに競い合い自己の判断と責任で道を切り開く」「不正を許さず、弱者を助ける勇気と思いやりを持ち、自らが社会から受けた恩恵を社会に還元できる」「 我が国及び郷土の伝統と文化を深く理解し、愛国心及び郷土を愛する心に溢れるとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する」「グローバル化が進む中、常に世界の動向を注視しつつ、激化する国際競争に迅速的確に対応できる、世界標準で競争力の高い人材」の育成です。「人格の完成」はどこにもなく、あくまで知事の求める「人材」の育成が求められています。これまで大阪で培ってきた民主主義教育、人権教育、平和教育などを真っ向から覆しています。

 さらに、府立高校では3年連続で定員割れした学校の統廃合と学区の廃止、小中学校では全国学テの学校別結果の公表の義務化と学校選択制の拡大など、競争と格差拡大の教育を進めることが規定されています。教職員に対しては、教職員評価制度の相対評価化と2年連続最低ランクの評価を受けた教職員の解雇、過剰になった教職員のリストラ規定などを盛り込んでいます。

 それだけではありません。子どもたちは、教育を強制される存在であり、言うことを聞かなければ懲罰を加えてでも矯正させる対象となっています。保護者に対しては子どもをしつける義務を課し、周辺地域住民にはクラブ活動なの協力義務を課しています。さらに学校の教育方針に対して異議を挟むことを禁止しています。

 この条例には、子どもたちがほとんど登場しません。教育現場に「知事と教育委員会の言うことを聞け!さもないと処分するぞ!」と押しつける条文ばかりです。これで本当に一人一人の子どもたちを大切にする教育が実現するのでしょうか。皆さんと共にこの条例案の問題点と大阪の教育について考えていきたいと思っています。ぜひ、ご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
   当研究会についてのお問い合わせは下記事務局まで 
       eduosaka@gmail.com (伊賀) (※@を半角に変えてください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年9月29日 (木)

大阪府立桜塚高校3年生、清村健人くんの本『けんとの Happy Project』

Cci00059

大阪府吹田市の地域の小中学校で学び、今、府立桜塚高校の定時制課程に通う清村健人(きよむら・けんと)くんが、本を出しました。

『けんとの Happy Project(はっぴー ぷろじぇくと)』。中学校の演劇部で友だちと活動した経験や、介助を受けながらの現在の生活、将来の夢などが語られています。

上に載せている宣伝チラシは、清村くん自らパソコン教室で作ったものです。

B5判の24ページ、オールカラー。1冊800円で販売中。購入ご希望の方は下記、発行責任者の下西久美子さん(清村くんのおばあさんです)までご連絡ください。

本の内容は、ここで見ることができます。
http://www.eonet.ne.jp:80/~1240/kento1000.html

=================================
下西久美子 メールアドレス:sikumi@s9.dion.ne.jp(@を半角に変えてください)

☆一冊より郵送いたします。
☆本代 一冊800円
☆本代&カンパの振り込み先
 ゆうちょ銀行 記号14470 番号6961821 下西久美子(シタニシ クミコ)
=================================
Cci00013

それから今、清村くんは、ガラス小物を作る窯を桜塚高校に寄贈したいと、資金カンパを募っているとのことです。母親の下西順子さんからの趣旨説明を以下に載せます。関心を持たれた方は、先ほどの下西久美子さんまでお問い合わせください。

--------------------------------------------
カンパのお願いの説明 

清村健人の母 下西順子より

健人はたまにくるくるプラザのフュージングというガラスの小物作りに申し込んで、作品づくりを楽しんでいます。

健人の作品をとても気に入って買って下さる方がいて、そのことも作品づくりへの意欲となっている気がいたします。

フュージング教室へヘルパーさんと行ったり、家族と行ったりしているうちに、こんな簡単にこんなかわいい物が作れるんだったら、窯(カマ)と材料を買って、自分の好きな時にもっとたくさんの作品を作りたいと思うようになりました。

それと同時にもっとたくさんの人と一緒に作品づくりを楽しみたいという思いも持つようになったのですが、もっとたくさんの人と? 例えば誰と? と考えた時、1番最初に思い浮かんだのは、桜塚高校定時制(通称、夜桜)の生徒さん達でした。

健人が通う夜桜には週1回、選択科目で「ものづくり」という授業があり、健人も籍を置いています。

まずはそこで希望者と作品づくりを楽しみたい。そして、ゆくゆくは「ものづくり」の授業以外でも希望者がおられたら、みんなで一緒にたくさんの作品を作り、例えば、文化祭等で飾れたらいいな♡と、思っております。

そこでもし、気に入った作品をどなたかが買って下さったりとかした場合、それは夜桜生にとってものすごく励みになると思っています。

重度障害をもつ健人を受け入れて下さっている夜桜は、ものすごくあたたかい学校です。どうか応援&寄付をお願いいたします。

2011年9月28日 (水)

教育基本条例は「教育破壊条例」?~高橋哲哉さんの講演

Pict0009

9月24日(土)、『「君が代」強制大阪府条例はいらん! 全国集会』が大東市立総合文化センターでありました(主催:「日の丸・君が代」強制反対ホットライン大阪 全国集会実行委員会)。今年6月に成立した「君が代条例」の撤廃と、大阪維新の会が9月府議会に提案中の「教育基本条例案」「職員基本条例案」の廃案を求めて催されたものです。

そこでの高橋哲哉さんの講演が、今回の「教育基本条例」がもつ危険性について、深く考えさせられる内容だったので、“新芽ML”から許可をいただき、報告記事を転載してご紹介します(明らかに誤字と思える部分のみ修正しました)。

Pict0008

(以下、転載)
------------------------------
次に「発題」として、東京大学教授の高橋哲哉さんが「『日の丸・君が代』強制条例と『教育基本条例』の思想」という大変熱のこもった講演をしました。高橋さんは次のようなことを述べました。

大阪の「教育基本条例」は、東京や北海道を上回る <教育破壊の極み>である。橋下は「今の日本の政治に必要なのは独裁」だと言っている。ここに彼の政治観・権力観が表われている。これをそのまま教育の中に持ち込もうとしている。

今回の条例は、教育に対する政治介入の禁止を全く廃止し、政治支配を完全なものにすることだ。首長の権限を最大限解釈し、知事が目標を決定し、知事→教委→校長→教員と上意下達で末端へというやり方。教委以下はすべて知事の手駒・ロボットにすぎないものになる。

いかなる会議・場所においても、これに反する意思決定をしてはならない、とまで決めてある。

これは、維新と言いながら王政復古の詔(みことのり)のようなものだ。知事を天皇とした天皇制だ。天皇制的システムの維持・確立だ。

だから良心に従うものは排除される。不起立三回で分限免職。個人の良心は居場所がなくなる。これでは教育というものは成り立たない。

これには教育委員さえ反対している。いかに突出した<教育破壊>かということだ。

しかも、教員にとどまらない。保護者・地域住民をも支配しようとしている。貢献の努力義務ということで。そして、「社会通念上不当な態様で要求等をしてはならない」として、学校への要求は聞き入れない。

また「学校運営協議会」からは当該学校の職員を除き、府知事の「大政翼賛会」にしようとしている。

彼は「民主主義」の名で正当化しようとしている。命令に従わないものは「民意」に反すると言う。彼にとっては「民主主義とは独裁」である。これはヒトラーの独裁と同じである。そして、多数派を「民意」とし、少数派を根絶させる。

「教育基本条例」には教育現場の主人公の子どもたちの姿は見られない。教育現場のことについては、処分・処罰が3分の2を占める。教育を統治の対象としている。
 
子どもたちについては「人材」理念として①規範意識、②義務、③自己責任、④社会還元、⑤愛国心、⑥グローバル化に対応できる世界標準、が挙げられている。

①~⑤は「王政復古」が求める人材だ。⑥は国際競争力に勝つための人材だ。これは改悪教育基本法の2大目標を実現しようとするものだ。教科書採択の仕方まで校長に権限を持たせることで、「つくる会」系教科書を一気に導入することになるだろう。

橋下は「教育とは2万%強制」と言っている。これでは学校での勉強は「強制収容所の強制労働」のようなものになる。これでどのような人間になるのか。これは教育の破壊・破綻である。

生徒への「日の丸・君が代」を2万%強制し、「愛国心」を2万%で強制できるのか。愛が愛であるためには自由でなければならない。強制された「愛国心」は愛国心ではない。

「民主主義とは独裁であり強制である」(?!)、このような奇怪な思想で大阪の教育を破壊させてはならない!!

以上、高橋哲哉さんの講演の概要でした。
------------------------------
(転載終わり)

2011年9月22日 (木)

障害のある子どもたちの教育環境が心配~大阪維新の会の「教育基本条例案」

橋下徹・大阪府知事が率いる「大阪維新の会」が、開会中の大阪府議会に「教育基本条例案」と「職員基本条例案」を提出しました。

地域の学校で学ぶ障害のある子どもたちの教育環境を悪化させるものとして、私は、今回の教育基本条例は止めなければいけないと思っています。

教育基本条例案のポイントは、以下(朝日新聞 2011.8.22 大阪朝刊から引用)

◇互いに競い合い自己の判断と責任で道を切り開く人材、愛国心及び郷土を愛する心にあふれるとともに国際社会の平和と発展に寄与する人材を育てる

◇校長は任期を定め、マネジメント能力の高さを基準に多様な人材を積極的に登用する

◇1回目の職務命令違反は減給または戒告、2回目は停職として所属、氏名を公表。違反を5回重ねた場合、同じ命令に3回違反をした場合は直ちに分限免職(※ブログ主注:この「直ちに分限免職」というのは、「3回目の違反に対する標準的な分限処分は、免職とする」と改められたそうです。産経ニュース2011.9.21 19:52より)

◇教委は学力調査テストの市町村別、学校別の結果をホームページで公開しなければならない

◇保護者、地域住民らでつくる学校運営協議会を設け、校長や教員の評価や教科書の推薦などをする

◇保護者は学校に不当な態様で要求をしてはならない

◇3年連続で入学者数が定員割れし、改善の見込みがない府立高校は統廃合しなければならない

◇府立高校の学区を廃止し府内全域を通学区域にする

◇市教委は隣接区域やブロック内で市立小中学校を選べる学校選択制の実現に努めなければならない

この条例が成立した場合、大きな流れでさまざまな影響が教育現場に起こってくるのでしょうが、そのあたりの分析は識者の方におまかせして、私としては、障害のある子どもたちの立場から、直接的に次の悪影響が出る可能性を指摘します。

1.在住外国人の子ども、障害のある子どもなど、マイノリティの立場に寄り添おうとする先生たちが辞めさせられる(辞めさせられなくても、どんどんいづらくなる)。

2.障害のある子どもへの配慮を保護者が学校に求めた時、それが「不当な態様」での要求と扱われ、退けられる危険性がある。

3.定員割れのなかで、障害のある子どもをはじめ、さまざまな“しんどさ”を抱える子どもたちを受けとめてきた府立高校がつぶされる。

この教育基本条例案について考える集会が下記のとおり、行われます。みなさん、参加していっしょに考えませんか? チラシは、 「日の丸・君が代」強制反対ホットライン・大阪のホームページにあります。

----------------------
「君が代」強制大阪府条例はいらん!全国集会

日時 9月24日(土) 13:00~

内容 ◆発題 
      高橋哲哉さん(東京大学)
      野田正彰さん(関西学院大学)
    ◆大阪からの報告
    ◆全国各地・各界からの報告
      東京、北海道、広島、神奈川、北九州など

場所 サーティホール (大東市立総合文化センター大ホール)

参加券 1000円(学生は無料)

主催 「日の丸・君が代」強制反対ホットライン大阪全国集会実行委員会

<サーティホールまでの道順>
◇JR環状線「京橋」駅からJR学研都市線「住道」駅

◇「住道」駅から会場まで  
 ①「住道」駅改札(大きい)を出て、左手歩道橋へ進む。
 ②「サンメイツ一番館」を右手に見て進み、川の手前で右折。
 ③階段をおりたところで右へ進む。
 ④線路の高架をくぐり、新町高栄会商店街を進む。
 ⑤最初の信号(目の前に郵便局)を左に曲がる。
 ⑥すぐ右側にサーティーホール。

2011年9月21日 (水)

9/21(水)・22(木) 全国一斉 障害児の普通学級就学ホットライン~一人で悩まず、ご相談ください

今日9/21(水)・明日9/22(木)、障害をもつ子どもたちの就学時および学校内などでの悩みへの電話相談「全国一斉 障害児の普通学級就学ホットライン」が行われます(主催:障害児を普通学校へ・全国連絡会)。

以下、障害児を普通学校へ・全国連絡会のホームページからの転載です(一部、誤りを修正しています)。

地域によっては、日程が異なる場合がありますので、ご注意ください。

--------------------
☆全国一斉 障害児の普通学級就学ホットライン

  8月5日、改正障害者基本法が施行されました。
 改正されたこの法律の意義を生かすことで、障害をもつ子どもたちが地域の学校に通い、差別されることなく学校生活を送れることを願っています。
 秋の就学時健康診断を前に、障害をもつ子どもたちの就学時および学校内などでの悩みへの電話相談を下記のとおり実施します。

 それぞれの地域でホットライン開催の情報を広めてください。地域によって日時が異なりますのでご注意ください。

<開 催 期 日>

[東 京]
・9月21日(水)・22日(木) 10:00~17:00
 03-5313-7832/050-1258-7832/FAX 03-5313-8052
 メールアドレス
info@zenkokuren.com 
 障害児を普通学校へ・全国連絡会事務局

[仙 台] 
 9月18日(日)・19日(月/祝) 10:00~18:00
 022-251-3106 石川行政書士事務所内 担当 石川

[富 山]
 9月21日(水)・22日(木) 10:00~17:00 
 076-438-3078/090-8264-7958 担当 藤井

[栃 木]
 9月21日(水)・22日(木) 10:00~17:00 
 0285-64-1228 担当 片岡

[埼 玉]
 9月21日(水)・22日(木) 10:00~17:00
 048-866-3832 ペンギン広場

[千 葉]
 9月21日(水)・22日(木) 10:00~17:00 
 043-295-6322 担当 高村

[山 梨]
 9月21日(水)・22日(木) 9:00~16:00
 055-272-4419 担当 佐野

[静 岡(東部)]
 9月21日(水) 10:00~17:00 
 055-973-5613 障害を持つ子の就学問題を考える東部ネットワーク 担当 梅田

[愛 知(名古屋)]
 9月21日(水)・22日(木) 9:00~17:00
 052-502-2081 共育をつくりだす会 担当 池田

[三 重(津)]
 9月21日(水) 9:00~17:00
 059-261-2421 共同連三重 内 担当 森本

[大 阪]
9月21日(水)・22日(木) 10:00~17:00
 06-6779-8136 障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会(障大連)

[広 島]
9月21日(水)・22日(木) 10:00~17:00
 050-3577-5639 障害者生活支援センター てごーす内
 担当 村上(地域で生きる教育とくらしをめざす会)

[愛 媛(松山)]
 9月21日(水) 9:00~17:00
 089-963-1213 共同連えひめ 内 担当 白石

[香 川(高松)]
9月21日(水)・22日(木) 9:00~12:00
 0877-89-5064 翔洋舎 内 担当 練尾

[山 口(下関)]
9月20日(火)・22日(木) 10:00~15:00/19:00~21:00
 083-256-6306 担当 古賀

[福 岡]
 9月21日(水)・22日(木) 10:00~14:00
 092-891-8159 担当 加藤

2011年9月19日 (月)

10/9(日) 学習会「京ちゃんはみんなと堀田小学校にいきます」のご案内(名古屋市)

名古屋市の林京香さんは、人工呼吸器ユーザーの6歳の女の子。

今年8月、大阪で行われた「人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会>」の総会でお会いしましたが、好奇心の強そうな輝く瞳が印象的でした。

彼女は来春、地域の堀田小学校の普通学級に入学したいと願っています。名古屋市で、人工呼吸器を使う子どもが地域の学校で学ぶのは、初めてのケースになるそうです。

1992年、大阪市と尼崎市で、人工呼吸器ユーザーの子ども2人が、初めて地域の小学校に入学しました。それから約20年─。呼吸器を使いながら、普通学級で地域の子どもたちとともに学ぶ風景は、今やあたりまえのものになってきました。

人工呼吸器ユーザーとして、地域の小中学校、高校で学んだ大阪府池田市の折田涼さんは、こう言っています。

「呼吸器をつけている子も、ストレッチャーに乗っている子も、一緒に学ぶことができる学校はとてもステキな学校です」

「きっとわたしと一緒に育った人達は、社会の矛盾やバリアも自分のこととして身近に感じてくれていたことでしょうし、創意工夫で障害のある人とも一緒に生きることができる、そんな学校や社会はステキだと感じてくれたことと思います」

名古屋にもステキな学校、社会の輪が広がりますように、私は、彼女の願いを応援したいと思います。林京香さんを応援する学習会のお知らせです。

(主催の「名古屋「障害児・者」生活と教育を考える会」からのメールより)

名古屋市の林京香ちゃん(6歳)は、来年就学を迎えます。人工呼吸器を使う、バクバクっ子です。

地域の普通学級就学を希望し、名古屋市教育委員会に普通学級就学と看護師配置の要望書を提出しました。

しかし名古屋市では初めてのケースであると、現在は何も明確な進展はありません。

10月9日、林京香ちゃんの就学を求める集会をひらきます。

どうか皆様、京香ちゃんの応援に来てください。よろしくお願いいたします。

Kyo1

Kyo2_3

(チラシ表)
医療的ケアと学校生活を考える学習会
京ちゃんはみんなと堀田小学校にいきます

京ちゃんは6歳の女の子。
お出かけやおしゃれが大好き!
わかくさ学園、たんぽぽ保育園にも
元気に通っています。
京ちゃんが、他の子とちょっと違うところは、
医療的ケアが必要な場面があることです。

ただ、それだけ。
京ちゃんは、ごくごくふつうの子どもです。

家庭で、地域で、保育園で大切に育てられてきた
京ちゃんという女の子。
京ちゃんの大切な「子どもの日々」と「生活」と、
かけがえのない「友達」と「希望」が、
小学校でも守られますように。(☆^▽^☆)

1 講演 『人工呼吸器をつけて地域の学校へ~みんな一緒がオモロイやん』
  講師 折田 涼 (人工呼吸器をつけた子の親の会「バクバクの会」当事者代表)
      折田みどり(同事務局長)

2 報告 『わたしはどんなことにも挑戦したいの。色んなことを学びたい!』
      林 京香・林 智宏

講師紹介:折田涼 大阪で、保・小・中・高校と地域の学校に通い、現在自立生活
       折田みどり 厚生労働省交渉等、全国で活動

日時 10月9日(日)13:30~16:30
    受付13:00~

場所 名古屋市総合社会福祉会館(北区役所内)7階大会議室
     (地下鉄名城線「黒川」下車 南300m徒歩5分)

参加費(資料代として)300円

託児 一人500円(保険・おやつ代込)
10月2日までに申し込みください。

問合せ Mail:harukoi_mk@yahoo.co.jp
        (注:@を半角に変えてください。)

主催:名古屋「障害児・者」生活と教育を考える会
共催:人工呼吸器をつけた子の親の会 「バクバクの会」
    生活と教育を考える会/西尾・地域で共に生きる会

(チラシ裏)
全国に広がる「医療的ケア」の合理的配慮を受け
普通小・中学校に通う子どもたち

栃木県のある市教育委員会の担当者は、相談に来た両親にこう話したそうです。
「医療的ケアについての配慮は、義務教育ですから心配しないように」
そして、子どものために複数の看護師を配置する体制を組んでくれたといいます。

三重県津市では2006年4月、気管切開をした子どもの普通小学校受け入れのため、介助員に看護師資格保有者1人を採用し、小学校に配置しました。

栃木県今市市(日光市)は2003年度から、気管軟化症の子どもの通学支援として、普通小学校に常駐の看護師を配置しました。

埼玉県東松山市でも、2008年から普通小学校に、医療的ケア対応のために看護師が配置されました。

大阪府では2006年から、公立小・中学校への看護師配置にかかる費用を、半額助成する制度を始めています。豊中市、池田市、四条畷市で配置しています。

千葉県流山市・我孫子市・船橋市・松戸市・柏市・成田市で、人工呼吸器をつけた子どもや気管切開の子どものために看護師や介助員を配置しています。

岡山県倉敷市では2000年から看護師を中学校に配置。その後の高校へも同様に配置しました。

東京都城北エリアと大田区で看護師配置をしています。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31