話題の本

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

4/3 学習会「タイの津波被災孤児らを支え続けて」のご案内

知り合いの中学校の先生から、下記の学習会の案内をいただきました。

このブログのテーマである共生教育と直接関わる内容ではありませんが、東日本大震災で被災した子どもたちに関わる重要な企画ですので、情報掲載します。

詳しくは、「プラティープさんの『生き直しの学校』を支援する会」のホームページをご覧ください。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/dpf-supports/html/event.htm

-----------------------------------------------------
東日本大震災の被害の凄まじさに呆然としていますが、微力ではあっても私達も様々な支援の動きを始めているところです。

3/29は「生き直しの学校を支援する会」の吉田暢子さんがアジア協会を通じて宮城県に支援活動に入ります。

復旧復興から新しい街作りへは、10~20年という長期にわたる支援が必要となり、この度の震災津波被害では多数の子ども達も犠牲になっていることから、こうした子ども達への息の長い支援も必要となります。

そこで私達「生き直しの学校を支援する会」では04年タイの津波被災孤児らを今もなお支援し続けているプラティープ財団のプラティープさんを招いてその経験や教訓などを聞き、今後の支援活動に生かしたいと考え、下記の通り学習会を行うことにしました。

ご多用とは思いますが、友人知人にも呼び掛けていただき、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

1、学習内容 「タイの津波被災孤児らを支え続けて」(報告、プラティープ・ウンソンタム秦さん)
2、日時 4/3(日) 13:30~
3、会場 ドーンセンター5階特別会議室(京阪天満橋駅下車徒歩10分)

2011年3月28日 (月)

人間は、知り合っていくのがおもしろい~「枚方の『共に学び共に育つ』教育は今」連載第9回

私が「枚方の『共に学び共に育つ』教育は今」という連載を隔月でさせていただいている、地域密着型情報誌『LIP』の最新号が出ました。

連載の今回は─。

知的障害のある娘さんと21年間、共に歩み、その一方で、NPO法人りりあんの代表として「語る会」「りりあんカフェ」など、多様な人たちが出会い、共に生きる場を地域に広げてこられた多田頼子さんにお話をうかがっています。

みなさま、どうぞお読みください。下記、編集担当者からのメールです。

----------------------------
☆LIP4月号、完成しましたぁ。☆

今日、印刷まで終了したので、今日以降、設置協力場所に徐々に配布されて
いきます。

4月号は、こちらからも読めるようにしてあります。
 
http://love-dugong.net/lip/201104/

下記のような内容です。
■[まんが]「うちのともくん②」♪
■[上映会報告]「香里団地に“爆弾”工場があったの?」♪
■[団体紹介]「カフェ放送てれれ」♪

■[枚方の「共に学び共に育つ」教育は今 (9)]
  人間は知り合っていくのがおもしろい♪
■[LIPな人々 ふたりめ] 「はじめまして、落合正弥です」
■ 2010 年度LIP活動報告
■[ブログ連動連載 言いたい放題!アッキー28 号]「合格発表!」♪
■ イベント情報
■ 編集局より/LIP配布場所/会計報告

ぜひお読みくださいませ。

☆感想を教えてもらったらうれしいです。
☆配布ボランティア大募集中です♪ 問い合わせ下さい。
★有償広告大募集 名刺サイズ1口1000円
☆応援団も大募集します♪


では(^^)/♪
Lip20114

2011年3月24日 (木)

“重度”の障害のある生徒たちが府立高校に合格

今日3/24(木)は、大阪府立高校後期入試の合格発表。

私たち「高校問題を考える大阪連絡会」でかかわってきた、“重度”の障害のある生徒3人が、府立高校に合格しました。

彼らの新しい門出にエールを送りたいと思います。

2011年3月17日 (木)

東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部開設! 活動協力のお願い

障害当事者が中心メンバーとなって、「東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部」が立ち上げられました。

下記は活動趣旨より。

詳しくは、東北関東大震災障害者救援本部のホームページをご覧ください。

---------------------------------------------------------------
今回の大震災で被害にあわれた皆様、ご家族・関係者の皆様のことを思うとき、大変心が痛みます。被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
今回の大震災に関しては甚大な被害の状況が刻々と報じられています。障害を持つ人が必要な支援を受けて、避難できているのか、避難所で暮らせるのか、大変な問題を抱えています。私たちは、大至急かつ継続的に、被災された障害者の人々に対する必要な支援をすべきであると考え、このたび、「東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部」を立ち上げました。

ホームページはこちらです→ http://shinsai-syougaisya.blogspot.com/

今後、他のさまざまな団体と協力をしながら、私たちができるすべての支援を全力を尽くして行います。私たちには阪神淡路大震災の被災経験や支援の経験があります。そして、重度障害者が地域で自立生活をするために作り上げた全国のネットワークがあります。これらを生かし、あらゆる力を合わせて、有効な活動を展開していきましょう。

【代 表】 中西 正司(全国自立生活センター協議会)
【副代表】 牧口 一二(ゆめ風基金)
【呼びかけ人】
DPI日本会議:三澤 了、山田昭義、尾上浩二、奥山幸博、八柳卓史

全国自立生活センター協議会(JIL):長位鈴子、平下耕三、中西正司、佐藤 聡
東京都自立生活協議会(TIL): 野口俊彦、横山晃久、今村 登
ゆめ風基金: 牧口一二、楠 敏雄
差別とたたかう共同体全国連合(きょうどうれん):松場作治
地域団体:江戸 徹(AJU自立の家)、廉田俊二(メインストリーム協会)
障害者権利条約批准・インクルーシブ教育推進ネットワーク:北村小夜、青海恵子、徳田 茂

Kyuuen1_2

Kyuuen2 

2011年3月16日 (水)

障害のある生徒もあたりまえに高校生に! 今日は、大阪の公立高校入試

今日3月16日(水)は、大阪の公立高校の後期入試。今年は、私学無償化の影響で、41校が定員割れとなった。

ここ大阪では、“重度”といわれる障害があっても、特別支援学校ではなく、(障害のある生徒のための大阪独自の知的障がい生徒自立支援コース、共生推進教室でもなく、)一般の公立高校に入学し、あたりまえの高校生活を送ってきた人たちが何人もいる。

狭き門を切り拓いてきた先輩に続くように、受験生たちの健闘を祈りたい。

Cci000061
(朝日新聞 3月11日付朝刊より)

2011年3月 3日 (木)

3/5 吹田市で『はながゆく。』鑑賞会+トークショー

重度障害者が働くって…? 「できる」「できない」って…? 人を支えるって…?

地域の小中学校、大阪府立高校で学び、今、就職活動中の赤阪はなさんのドキュメンタリー映画、「はながゆく。」。その鑑賞会とトークショーが3月5日(土)、大阪府吹田市で催されます。

・日 時:3月5日(土曜日) 14:00~16:30(受付13:30~)
・場 所:吹田市民会館 5F (JR吹田より徒歩3分)
     (吹田市朝日町5番23号 摂津ビル ☎06-6382-1300)
・協力金:1000円(介助者無料)
・手話通訳 あり

主 催:障害者の権利保障をすすめる会 すいた「障がい」児・者の高校進学を考える会
共 催:ぷくぷくの会
問い合わせ:総務 TEL 06-6317-5598 FAX 06-6317-0936

チラシをいただきましたので、掲載します(クリックしていただくと、拡大します)。

Hana_1

Hana_2

トークショー「ともに働く社会はともに学ぶ教育から」には、現在、府立高校に通う障害のある生徒の保護者も登壇し、語ります。高校進学に関心のある方、ぜひ足をお運びいただき、生の声を聴いてみませんか。

『はながゆく。』って、どんな映画?という人は、このプロモーション映像をご覧ください(私が作らせていただいたものです)。 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30