話題の本

« 『「共に学び共に生きる」教育に学び インクルーシブ教育を考える連続学習会』のお知らせ | トップページ | 1/23(日)しめきり! 中教審「特特委」論点整理へのパブリック・コメント »

2011年1月14日 (金)

2/5 豊中市「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」案内

毎年恒例、豊中市教職員組合主催の「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」の案内をいただきましたので、掲載します。

今年で第9回。毎年、パネルディスカッションでは、学校の先生と保護者の方から報告が行われます。それは、学校現場で「インクルーシブ教育」に継続して取り組んでいるからこそできることで、豊中の底力を感じます。

Cci000061 

第9回インクルーシブ教育を考えるシンポジウム

 2006年に国連は「障害者権利条約」を採択しました。これを受け日本政府は2009年12月より内閣府に設置した「障がい者制度改革推進会議」で議論をすすめ、2010年12月には「障害のある子どもは、障害のない子どもと同様に地域の小・中学校に就学し、かつ通常の学級に在籍すること」を教育の原則とする第2次意見をまとめました。
 第9回目となるシンポジウムでは、今や待ったなしのインクルーシブ教育をどのようにすすめ、深めていくのか、みなさんと考えていきます。

と き 2月5日(土) 午後1時30分~午後4時30分<受付:午後1時>

ところ 豊中市立大池小学校 体育館
     (豊中市本町1-7-12 阪急宝塚線豊中駅下車 東100m)

第一部 講演「待ったなし! インクルーシブ教育」~分ける教育から、ともに学ぶ教育へ~     
     講師 南館こずえさん(内閣府・障がい者制度改革推進会議担当室 政策企画調査官)

第二部 パネルディスカッション
     コーディネーター 広田正人さん(毎日新聞社 学芸部 副部長)
     パネラー 南館こずえさん 
           糸井みどりさん(保護者)
           福本彩佳さん(豊中市立豊島北小学校 教員)
           鍛冶克哉さん(自立生活センター メインストリーム協会 スタッフ)

入場無料

主催:豊中市教職員組合、毎日新聞社

« 『「共に学び共に生きる」教育に学び インクルーシブ教育を考える連続学習会』のお知らせ | トップページ | 1/23(日)しめきり! 中教審「特特委」論点整理へのパブリック・コメント »

インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/50586845

この記事へのトラックバック一覧です: 2/5 豊中市「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」案内:

« 『「共に学び共に生きる」教育に学び インクルーシブ教育を考える連続学習会』のお知らせ | トップページ | 1/23(日)しめきり! 中教審「特特委」論点整理へのパブリック・コメント »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31