話題の本

« シンポジウム「高等学校における『ともに学び、ともに育つ』教育の推進」 | トップページ | 障がい者制度改革推進会議「障害者制度改革のための第二次意見」 »

2010年12月18日 (土)

「これでええんか橋下『教育改革』あかんやろ!新勤評を許さない12・19全国集会」の案内

Shinkinpyo1

Shinkinpyo2

橋下「教育改革」にNO!を突きつける集会です。

「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に!ネットワークを代表して、鈴木留美子さん(「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会 代表)も発言されます。

みなさん、どうぞご参加ください。

以下、主催者のメールから引用して転載。
------------------------------------
◆12月19日(日)12時~16時45分 大阪中之島中央公開堂大ホール
 「これでええんか橋下『教育改革』あかんやろ!新勤評を許さない12・19全国集会」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kinpyo-saiban/

本集会では、新勤評問題にとどまらず、障がい者の問題や朝鮮学校の問題等をも取り上げます。
いわば、橋下知事の教育改革に対する市民と教員からの問題提起です。
子どもたちの教育への権利はどのようにして保障され得るのか?
子どもたちの教育への権利を切り捨てようとしているの誰なのか?

◆プレ企画では、「はながゆく」を上映します。(12時から)
重度の障がいのある赤阪はなさんの「就活」を通して、人と人とのコミュニケーションとは何か?、また働くこととは何か?
教員も市民も、それまで持っていた既成概念を揺さぶられる映画です。
プロモーションビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=cy3l1Z_Z-Gk&nofeather=True

◆オープニング(13時から)
在日コリアン趙博さんの「百年節」は文字通り韓国併合100年のいまを歌ったものです。

◆パネルディスカッションでは
「教員評価は子どもから教育への権利を奪う」をテーマとして
・教育研究者(中田康彦さん・一橋大学)
・弁護士(冠木克彦さん)
・元東京都立高校校長(土肥信雄さん)
・大阪府立高校卒業生
・大阪の子どもの保護者
・現職教員(新勤評反対訴訟団原告)
6人のそれぞれ異なる立場から教員評価の問題を発言してもらいます。

◆全国からの発言
さまざまな団体が発言されます。

« シンポジウム「高等学校における『ともに学び、ともに育つ』教育の推進」 | トップページ | 障がい者制度改革推進会議「障害者制度改革のための第二次意見」 »

大阪府の教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/50330096

この記事へのトラックバック一覧です: 「これでええんか橋下『教育改革』あかんやろ!新勤評を許さない12・19全国集会」の案内:

« シンポジウム「高等学校における『ともに学び、ともに育つ』教育の推進」 | トップページ | 障がい者制度改革推進会議「障害者制度改革のための第二次意見」 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31