話題の本

« もっともっと普通に高校にも行きたい!!~7/24北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会 | トップページ | みんなと一緒に高校に行きたい!!~7/31大阪市「障害」のある子どもの高校進学を実現する学習会 »

2010年7月28日 (水)

関西インクルーシブ教育研究会の案内

 「関西インクルーシブ教育研究会」から案内をいただきましたので、掲載します。

(以下、引用)
-----------------------------------------------------------------
 この度、障害学やインクルーシブ教育に関心をもつ関西在住の研究者が集まり、「関西インクルーシブ教育研究会」という研究会を立ち上げました。既に何度か研究会も実施しています。

 この研究会では、障害児に関わる教育現象・教育現実についての社会科学的な研究の発展と振興を目指します。ここで「障害児に関わる教育現象・教育現実についての社会科学的な研究」というとき、そこには主として二つの方向をもつ研究が含まれます。一つめは、障害児の教育に関わる直接的利害関係者(親や教師や障害児当人など)の実践的な関心に応答すべく、彼(女)らが直面する〈教育問題〉の解決を目的として課題設定を行い、社会科学的な知見や技法の応用により、そうした問いへの回答を模索するという方向です。もうひとつは、教育学や社会学、人類学、経済学、政治学、歴史学など社会科学諸分野に固有の概念や方法を用いて、障害児をめぐる教育現象・教育現実の構造や機能、意味やメカニズムを明らかにするという方向です。私たちの研究会においては、社会科学的な視座とアプローチに基づきながら、この二つの方向での経験的で理論的な研究の蓄積と発展を目指します。ついては、学問的な垣根にこだわることなく、障害学やインクルーシブ教育に関心をお持ちの多くの皆様にご参集いただき、議論を深めてまいりたいと考えています。

 具体的な内容ですが、当面はイギリスで発刊されている障害学の学術誌"Disability & Society"に掲載されている教育関連の論文や、未邦訳のインクルーシブ教育に関わる文献を参加者で講読し議論していく予定です。日本では、ニューカマーや被差別部落、在日コリアンなどのマイノリティー・グループに関わる教育問題を対象として、良質な研究が多く蓄積されてきています。その一方で、障害児に関わる教育現象を社会科学的な視点から扱った文献はそれほど多くありません。他方、イギリスでは80年代前半ごろから障害学に関わる研究者を中心として障害児に関わる教育問題をトピックとする理論的で経験的な研究の蓄積が多くなされてきています。私たちがこれらの研究業績から学びうることは決して少なくないと思います。障害児のみならず、様々なマイノリティーに関わる教育問題に関心をおもちの方の参加も歓迎致します。どうかお気軽にご参加ください。

 研究会は、茨木市内の施設で一ヶ月一回のペースで行います。この研究会では毎回参加者で講読論文を決定し、それを中心に議論を行います。その際、通常の研究会で行われているように、誰かがレジュメを作ってきて、それに基づき全体で議論するというスタイルはとりません。各自が自身の理論的・実践的な関心に引き寄せつつ講読論文を事前に読み、それぞれの視点から論点をざっくばらんに提出しあうというやり方でテクストの理解を深めてまいります。ですので、参加していただける方におかれましては事前に講読予定論文を読み込み、疑問な点や興味深い点などをチェックしてきていただくことをお願い致します。

*参加を希望される方は、事前に講読予定論文をお読みになった上で、各自使い勝手の良い媒体で当該論文をご持参ください。また、ご質問などございましたら、お気軽に以下まで連絡してください。
rinokata@s9.dion.ne.jp(佐藤貴宣)

以下、次回研究会の詳細です。

第12回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2010年8月21日14:00~17:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)404会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
Allan, J,1996,"Foucault and special educational needs: A 'box of tools' for analysing children's experiences of mainstreaming"『Disability & Society』11(2): 219-233.
(Abstract:Research on children with special educational needs in mainstream schools, based on simplistic notions of integration, has revealed very little about the nature of their school experiences. A Foucauldian perspective is proposed as an alternative, and the relevance of his methodology, which focuses on formal and informal discourses, and his analyses (particularly of medicine, madness and discipline) is discussed. It is argued that Foucault offers a set of strategies or a 'box of tools' (1977 a, p. 205) for understanding how the discourses on special educational needs construct both the pupils' experiences in mainstream schools and their identities, as constructed subjects and objects of knowledge. The paper ends with a brief illustration, from work in progress, of what a Foucauldian analysis might look like.)

皆様の参加を心よりお待ちしています。
どうぞ宜しくお願い致します。

« もっともっと普通に高校にも行きたい!!~7/24北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会 | トップページ | みんなと一緒に高校に行きたい!!~7/31大阪市「障害」のある子どもの高校進学を実現する学習会 »

催し予定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/48995625

この記事へのトラックバック一覧です: 関西インクルーシブ教育研究会の案内:

« もっともっと普通に高校にも行きたい!!~7/24北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会 | トップページ | みんなと一緒に高校に行きたい!!~7/31大阪市「障害」のある子どもの高校進学を実現する学習会 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31