話題の本

« 友だちの力ってすばらしい | トップページ | 『枚方の「共に学び共に育つ」教育は今』 連載第5回 »

2010年5月25日 (火)

点数がとれなくても高校生に~大阪における障害のある生徒の高校進学事情

201005n

“重度”といわれる障害があっても、特別支援学校(養護学校)ではなく、普通の高校に進学できる可能性を、もっともっと知ってもらいたい─。

そんな思いから、子ども情報研究センターの機関誌『はらっぱ』5月号に、「点数がとれなくても高校生に~大阪における障害のある生徒の高校進学事情」という記事を書かせていただきました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

大阪府立勝山高校に通っている知的障害のある生徒さんの事例、受検上の配慮、現在の制度の壁など、現状と課題をまとめています。お子さんの中学卒業後の進路を考えている保護者の方、中学校の進路指導の先生にぜひ読んでいただきたいと思っています。

その他、この号には、子ども情報研究センターの事務局次長・山崎秀子さんが書かれた、重複障害のある女性の大学受験の取り組みや、大阪市立都島第二工業高校に通う障害のある生徒さんの日常生活など、興味深い記事が載っています。

会員向けの年間購読誌ですが、バラ売りもしています。1冊700円(送料別、1冊の場合100円)。購入ご希望の方は、子ども情報研究センターまで。http://www.kojoken.jp/index.html

« 友だちの力ってすばらしい | トップページ | 『枚方の「共に学び共に育つ」教育は今』 連載第5回 »

障害のある生徒の高校進学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/48450910

この記事へのトラックバック一覧です: 点数がとれなくても高校生に~大阪における障害のある生徒の高校進学事情:

« 友だちの力ってすばらしい | トップページ | 『枚方の「共に学び共に育つ」教育は今』 連載第5回 »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31