話題の本

« 朝日新聞 『公立高に「分教室」倍増』 記事に疑問-2 | トップページ | 「分教室」は“ともに学び、ともに育つ”なのか »

2010年1月 5日 (火)

バクバクの会 “いのちを考える”講演会

人工呼吸器をつけて生活し、医療的ケアを必要とする子どもたちが、地域の学校であたりまえに学ぶ道を切り拓いてきた、バクバクの会(人工呼吸器をつけた子の親の会)。

今年で発足20周年を迎え、初期の呼吸器ユーザーの子どもたちは20歳代前半の大人となり、いま当事者スタッフとして会の中心を担っています。

昨年は、平本歩さん、折田涼さん、佐藤有未恵さんの3人の呼吸器ユーザーが全国3カ所(東京、仙台、福岡)に出かけて自らの生活を語る講演会と医療的ケア講習会を実施。

そこで話された、彼らが地域の小中学校、高校に通い、友だちとすてきな関係をつくってきた体験は、各地で大きな反響を呼びました。

そのバクバクの会が、20周年記念集会のプレイベントとして催す講演会。これを読んでいるあなたも、ぜひつながってみてください。

(以下、転載)

〓〓〓バクバクの会20周年記念集会 プレイベント〓〓〓
 “いのちを考える” 講演会 part1 ごあんない
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 人工呼吸器をつけた子の親の会・バクバクの会は今年で発足20年を迎え、今年7月31日~8月1日に東京で20周年記念集会を開催します。
 バクバクの会は、この20年間、人工呼吸器をつけていても、どんな障害があっても、「子どもたちの命と思いを大切に」という理念のもと、精一杯生き抜く子どもたちに学びながら活動してきました。

 しかし、2003年3月の射水市民病院での呼吸器外し事件以来、難病や重度障害児者の治療の差し控えや打ち切りについて堂々と語られるようになり、尊厳死の法制化への動きも活発化し、生きることそのものが否定されかねない状況になってきました。そして、2009年7月には、臓器移植法が改定され、「脳死」を「人の死」として「本人の拒否がなければ家族の同意で0歳から臓器摘出できる」ことになり、ますます命の選別や命の切り捨てが進んでいくことが懸念されています。

 このような厳しい社会情勢の中で行うバクバクの会20周年の東京集会では、「いのち」をテーマに考えていきます。これに先立ち各地でも、記念集会に向けて「いのち」を考えるプレイベントを開くことになりました。バクバクっ子たちの命や思いが尊重され、どんな「いのち」も大切にされるようなる社会を創るためにはどうしたらいいのか、ぜひみなさまも、わたしたちと一緒に考えていただければと思います。たくさんのみなさまのご参加をお待ちしております。

◆講師:八木晃介さん(花園大学教授・社会学・差別問題論)
  タイトル:「持つこと」と「あること」

◆日時:2010年1月9日(土) 14:00~16:00(受付13:30~)

◆場所:箕面市障害者福祉センターささゆり園
 箕面市西小路3-9-9 (?072-724-2940)
http://www.city.minoh.osaka.jp/SISETUANNAI/S01/sasayuri.htm

◆参加費:資料代200円

〓〓〓バクバクの会20周年記念集会 プレイベント〓〓〓
 【予告】 “いのちを考える” 講演会 part2 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆講師:中村暁美さん(「長期脳死―娘、有里と生きた1年9ヶ月」著者)
・書籍紹介
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN978-4-00-023857-1
◆日時:2010年3月7日(日)13:30~15:30
◆場所:国立オリンピック記念青少年総合研修センター

***************************************
◆お問い合わせ
人工呼吸器をつけた子の親の会
     <バクバクの会>事務局
 http://www.bakubaku.org/
〒562-0013
大阪府箕面市坊島4丁目5番20号
箕面マーケットパーク ヴィソラWEST1 2F
箕面市立みのお市民活動センター内
bakuinfo@bakubaku.org
TEL/FAX 072-724-2007
***************************************

« 朝日新聞 『公立高に「分教室」倍増』 記事に疑問-2 | トップページ | 「分教室」は“ともに学び、ともに育つ”なのか »

医療的ケアが必要な子どもたち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/47208821

この記事へのトラックバック一覧です: バクバクの会 “いのちを考える”講演会:

« 朝日新聞 『公立高に「分教室」倍増』 記事に疑問-2 | トップページ | 「分教室」は“ともに学び、ともに育つ”なのか »

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30