« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011年7月15日 (金)

税と社会保障一体改革の中で、どうなる年金制度?~年金問題学習会のご案内

 税と社会保障一体改革の中で、年金制度がどうなろうとしているのか…。

 明日のことですが、無年金障害者(重度の障害を負っても、障害年金を受けられない障害者)をなくす活動を続けている「無年金障害者の会」が、こんな学習会を催します。

 無年金で困っている方、年金制度に関心のある方をはじめ、みなさま、どうぞご参加ください。

Nenkingakusyuu

(以下、チラシより)

年金問題学習会のご案内 
~税と社会保障一体改革の中で、年金制度がどうなろうとしているのか~

講師:加納忠氏(全日本年金者組合大阪府本部書記次長)

日時: 7月16日(土)午後1時30分~3時30分 (開場1時)

会場: 市民交流センターなにわ
     大阪市浪速区浪速西1-3-10
     TEL06-6568-0791
     最寄駅: JR環状線「芦原橋」駅すぐ

東日本大震災・福島原発事故のお見舞い申し上げます。
未曾有の被害をもたらした東日本大震災と福島原発事故。
そのもとでも国は税と社会保障一体改革の議論を進めています。
しかし、平成25年年金改正で無年金障害者の問題は解決されるのか
まったく見えてきません。
そこで、問題の解決に向けて、年金問題の現場で活躍されている
加納先生をお招きして現状と展望を学習します。
皆様のご参加をお待ちしています。

主催・連絡先 無年金障害者の会
          尼崎市南武庫之荘7-18-18
                 TEL・FAX06-6434-2257

2011年7月 2日 (土)

7/8(金) シンポジウム「地域で生きるって、楽しいよ!!」

 24時間人工呼吸器を使う“重度”の障害があっても、適切なサポートさえあれば、地域で自立して生きていける。その事実を知っていただきたくて、大阪府吹田市でこんなシンポジウムをやります。私も実行委員の一人です。みなさん、ぜひ来てください。Chikideikiru

(以下、チラシより) 

呼吸器をつけて地域で生活されている人の体験を聞こう!
地域で生きるって、楽しいよ!!!

 どんなに重い障害があろうと、地域で一人の人として当たり前に暮らすことは障害の有無にかかわらず、当たり前の権利だと思います。今回は「呼吸器」をつけて地域で生活されているお二人の方をお迎えして体験談を聞き、重度障害者の地域生活のあり方をみんなで考えましょう。皆さんのご参加お待ちしています。

日時:2011年7月8日(金)18時30分~

場所:メイシアター小ホール(吹田市泉町2-29-1 ℡06-6380-2221)

資料代:500円

パネリスト:
・折田 涼さん(医療的ケア連絡協議会 代表)
・藤原勝也さん(メインストリーム協会)
・折田みどりさん(バクバクの会 事務局長)

主催:NPO法人 自立生活センター・FREE             
共催:ぷくぷくの会 障害者の権利保障をすすめる会
問合せ先:自立生活センター・FREE(池田・波那本)
     ℡ 06-4860-8766 Fax 06-4860-8767

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック