« 4/23 吹田市で「東北関東大震災 現地状況報告会」があります | トップページ | 5/22「ストップ!子どもの被ばく」第2回学習会の案内 »

2011年5月 1日 (日)

「THE PARTY “ちょうちょうのように”」でマジックショー

Tmp00003_3   

 4月29日(金)、「THE PARTY “ちょうちょうのように”」というパーティーに出席。車いすユーザーの小学生、Rくんとともにマジックショーをさせていただいた。

 このパーティーは、日本におけるインクルーシブ教育(障害のある子どもも、障害のない子どもも同じ教室でいっしょに学ぶ教育)研究の第一人者の先生が、3月で大学を定年退官されたのを記念して催されたもの。

 “ちょうちょうのように”とは、この先生がずっとこだわってきた姿勢で、イタリアのニコラ・クオモという人の次のことばから来ているのだそうだ。「人が考えるのは、ピストルの弾のように<一直線に>考えるのではなく、ちょうちょうが飛ぶがごとく<無軌道にみえるように、実は無軌道に>考える」

 先生から参加者に向けたメッセージには、こう書かれていた。

 「『ちょうちょうのように自由に羽ばたいていく』きっかけになるようなあつまりにしようと、仲間と計画しました」

 「ちょうちょうのように自由に とは、どんな自由か、それは各自の考え方があっていいと思います。花から花へと甘い蜜を求めて飛びかう自由、気ままにさらに気ままにさすらう自由、古いしきたりを破って新しい世界へ飛びたっていく自由、いろいろあるでしょう。求めるのは<自由>です」

 うーん、ステージに立った僕は、自由に羽ばたけたかな…。

 先生がつくってこられた人のつながりを反映して、参加者は、いわゆる“重度”の知的障害のある人も、人工呼吸器をつけてストレッチャーに横になっている人も、障害のある人たちが半数以上を占めていただろうか。でも、みんなで撮った記念写真をあとで見ても、誰が「障害者」なのか、誰が「健常者」なのか、全くわからないのがおもしろい。

 障害があってもなくても、誰も特別に保護されることもなく、のけ者にされることもなく、ありのままの個性を認められ、愛されて、その場を楽しんでいる。この世の中がなかなかたどりつけない「インクルーシブな社会」が、さりげなく、確かに存在していた。

 思うに、「インクルーシブな社会」はけっして遠い理想ではなく、今すぐにでも実現できるものなのだ。ただ、“ちょうちょうのように”自由な発想さえあれば。

Tmp00005_2

 最後に蛇足だが、例によって、自分の記録のために、やった演目を記しておく。

1.チェンジングバッグから鳩出し
2.フラワーリング
3.バナナップル
4.9ボード
5.ドリームバッグ(三角シルクプロダクション)
6.マジックパンで三角シルクをレインボーシルクにブレンド

« 4/23 吹田市で「東北関東大震災 現地状況報告会」があります | トップページ | 5/22「ストップ!子どもの被ばく」第2回学習会の案内 »

演芸ボランティア活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503803/51544018

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE PARTY “ちょうちょうのように”」でマジックショー:

« 4/23 吹田市で「東北関東大震災 現地状況報告会」があります | トップページ | 5/22「ストップ!子どもの被ばく」第2回学習会の案内 »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック