« 橋下徹知事の暴挙~納得できない! 非正規職員のクビ切り~ | トップページ | 車いすに乗ったミュージシャン、浦野 健さんのごきげんライブ! »

2009年1月22日 (木)

障害のある子どもを学校から排除しないで!橋下徹・大阪府知事に公開質問状

 橋下徹知事、あなたの“教育改革”は、障害のある子どもたちを学校から排除していくのではないか…?

 1月20日(火)、大阪府内の市民団体がネットワークを組んで、橋下知事あてに公開質問状を提出した。僕も賛同者のひとりとして行動に加わっている。

 ここ大阪では、30年以上前から、重い障害のある子どもも地域の一般の学校に受け入れ、障害のない子もある子も、ともに学びあう実践が積極的に進められてきた。

 子どものころから、“障害者”と“健常者”の生活の場を「分けない」こと。それが「ともに生きる社会」の原点であり、この「共に学び、共に生きる教育」では、大阪は日本一進んでいるといわれている。

 いま知事は“教育改革”として、点数主義、競争主義に立った政策を次々と打ち出している。このままでは、子どもたちどうしの関係づくりを基本にした「共に学び、共に生きる教育」が破壊されてしまうのではないか?

 そうした危機感から、大阪が日本で先駆けて取り組んできた豊かな教育の価値を、府民のみなさんにも、報道機関にも広く知っていただきたいと、あえて公開質問状という形で訴えることにした。

 質問状の内容を下記に載せるので、ぜひお読みいただきたい。そして、この取り組みを多くの人たちに伝えていただけるとうれしい。

(写真上)大阪府庁で公開質問状を提出。障害当事者、保護者、支援者の計46人が集まった

(写真中)質問状提出後の記者会見。障害当事者とその親が、自分たちの体験を通して「共に学び、共に生きる教育」の意義を訴えた

(写真下)公開質問状提出を報道する毎日新聞の記事(2009.1.21付)

1051 

193

Photo

2009年1月20日

大阪府知事 橋下 徹 様

「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に! ネットワーク
(構成団体) 知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
                 「障がい」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
                  障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議
        高校問題を考える大阪連絡会 等 122団体
           代表:鈴木 留美子

障害のある子も、ない子も「共に学び、共に生きる教育」を
もっと充実発展させるための公開質問状

 橋下知事は就任以来教育に大きな関心を持たれ、発言されてきました。次々に打ち出される施策やプランを読むうちに、私たちは次第に不安を感じるようになりました。成果主義・競争主義に立った教育の中に、障害者もきちんと入っているのだろうか?知事のお考えの中には障害児・者は最初からイメージされていないのではないかという疑問です。このままでは能力主義の教育が推し進められ、大阪の進めてきた「共に学び、共に生きる教育」が否定されていくのではないかと思うのです。実際、府民討論会(2008年10月26日)の場で知事が明確に否定されたにもかかわらず、「全国学力テストから障害児を排除している実態」が私たちの耳に届いています。
 これまで多くの府民の要望にこたえ、大阪府と大阪府教育委員会は障害のある子もない子も、地域の公立学校で共に学びあい、育ちあう教育に誠実に取り組まれてきました。私たちは、大阪が全国に先駆けて取り組んできた「共に学び、共に生きる教育」は、これからの社会や時代を創造するための教育の原点であり、かつ目標となるべきものと考えております。障害児が「明日も行きたい!」と思える学校は、だれにとっても学ぶことが楽しく、暮らしやすい学校です。そんな学校こそが「学力日本一」を超えた真の「日本一」、いや「世界一」の魅力ある公立学校ではないでしょうか。
 私たちはこの「共に学び、共に生きる教育」をさらに充実発展させていくことこそが、「大阪の教育日本一」を実現する大きな柱になると確信しています。

 私たちは以上のように考え、知事の協力も得ながら「共に学び、共に生きる教育」を未来に生かし、伸ばしたいという思いから、以下の通り質問いたします。誠実にお答えいただきたくお願い申し上げます。
 なお、回答は文書にて2月20日までにいただけますようお願い申し上げます。

質問事項

1.障害児・者を一般の学校教育や生活の場から切り離して、「分ける」ことをどのようにお考えでしょうか?

・障害者の「完全参加と平等」を唱えた国際障害者年から30年近くたつ現在も、特に「重度」といわれる障害児・者は、生活の場を施設や福祉的就労に限られがちで、社会参加の道を固く閉ざされています。その根底にあるのが、そもそも学校教育の場で、いまだに多くの障害児が、一般の子どもたちから切り離された「支援学校」(養護学校)、「支援学級」(養護学級)で学んでいることです。今後、どんなに重い障害があっても、地域で自立して生きられる社会を実現するには、まず障害児・者を「分ける」発想を変えなければならないと私たちは考えますが、知事の考えをお聞かせください。

2.障害児が地域の学校へ就学することをどのようにお考えでしょうか?

・大阪の教育現場では、重い障害のある子どもも校区の学校で受け入れ、障害のない子どもたちとともに学ぶ環境づくりが積極的に進められてきました。障害児が「支援学校」に就学すると、校区の学校に就学する場合の10倍の費用がかかることをご存知でしょうか。

・ 「支援学校」を地域のリソースセンターなどに縮小し、すべての子どもを地域の小・中・高等学校で受け入れるほうがより公平であり、対費用効果も優れていると思われませんでしょうか。また、政府が批准に向けて動いている、2006年12月に国連で採択された「障害者権利条約」が言うインクルーシヴ教育(誰も障害を理由として排除されない教育)の趣旨に適うものだと思われませんでしょうか。

・地域の小・中・高校で障害児が学びやすい環境を整えるよりも「支援学校」をより充実発展させる方がよいとお考えなら、その根拠をお示しください。

3.「学力テスト日本一」になるために障害児が排除されている実態を把握されていますか?

・全国学力テストを実施する際、障害児のみに参加の意思を聞いたり、障害児の点数を合計得点からはずしたりするなど、障害児を排除している例が、府内の学校でも見られます。各市町村が学力テストの結果を較べ、点数を競い合うことになれば、ますます障害児の排除が進むことになると思いますが、どのようにお考えでしょうか。

4.能力主義、競争主義、成果主義の教育から、子どもたちが目を輝かせて取り組む学習が生まれるでしょうか?

・習熟度別クラスや、百マス計算などの一斉反復学習、学習塾の講師を入れると言われている「夜スペ大阪版」の「まなび舎」事業では、障害のある子どもたちはどこに行けばよいのでしょうか。例えば3学級を4つの習熟度別クラスに分けた場合、障害児は「最下位」のクラスに入るのでしょうか、支援学級に入るのでしょうか。これでは障害児のみを分離する特殊教育に舞い戻ってしまうのではないでしょうか。

・ (障害児だけではなく)子どもたちの間にますます格差が広がり、格差が固定されるのではないでしょうか。

・能力主義や競争主義の教育からは、子どもたちが目を輝かせて取り組む楽しい授業、学びあう授業、お互いにちがいを認め合い支えあう集団づくりは生まれないと私たちは考えます。とりわけ競争や成果主義になじまない障害児は、集団自体から排除される恐れがあります。知事はどのようにお考えでしょうか。

5.子どもたちが地域社会で、たくましく心豊かな人間に育つためには、何が必要でしょうか?

・障害児がともに学ぶ学級では、クラスの雰囲気がやさしくなることを、私たちは過去の経験から実感しています。それは、障害の有無を越えて日常的にふれあう中で、社会には多様な人々がいることや、困ったときにはあたりまえに手を差し伸べる支えあいの関係を自然と学ぶからです。「共に学び、共に生きる教育」を進めることが、点数だけでは計れない真の学びを保障し、子どもたちの豊かな人間性を育むことになると私たちは考えていますが、知事はどうお考えでしょうか?

6.大阪の「共に学び、共に生きる教育」は現状で十分な領域に達しているとお考えでしょうか?

・多くの障害児が地域の学校であたりまえに学んでいることでは、大阪は“日本一”であるといわれています。そのことについて、これまで府と府教委が取り組まれてきた努力に対して、私たちは感謝しております。しかし、まだまだ課題はたくさんあると思います。今後、障害のある子もない子も、すべての子どもたちにとっての「共に学び、共に生きる教育」を充実発展させていくために、不十分な点や課題はどんなことだと思われますか? あわせて今後の方向性も明示ください。 

7.府と府教委が出されている施策やプランには、障害児は含まれていますか?

・真の「教育改革」は、障害児はもちろん、すべての子どもにとっての改革であることが大前提であると、私たちは考えています。もし障害児は別枠とお考えなら、その根拠をお示しください。

(付記)
※以上の点についてわかりにくい点や疑問がございましたら、以下までお問い合わせください。
連絡先:「知的障害者を普通高校へ北河内連絡会」事務局 松森 俊尚(まつもり・としひさ)
TEL:090-1960-3469 Email:matumori@crux.ocn.ne.jp

※この質問状と御回答は、マスコミ各社ほか報道関係者、および賛同団体のホームページで公開いたします。

« 橋下徹知事の暴挙~納得できない! 非正規職員のクビ切り~ | トップページ | 車いすに乗ったミュージシャン、浦野 健さんのごきげんライブ! »

ともに学び、ともに生きる教育」カテゴリの記事

コメント

先日はおつかれさまでした。
記事へのトラックバックをさせて頂きました。
知事からの回答に期待しております。

わぁ、詳細な報告ありがとうございます!

今私はネットへの接続がとても限定されていて、
こちらのブログで公開質問状も読むことができて、
とても嬉しかったです。

早速マイブログからもこちらの頁にリンクさせて
いただきました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

廣木さん、アッキー28号さん、トラックバックとリンクありがとうございます。お二人のブログも読ませていただきましたが、どちらも深く考えさせられる文章でした。

昔、ある人から「微力だが無力ではない」という言葉を教えられたことがあります。たとえ微力でも、私たち一人ひとりがこうやって書くことが、力になっていくのだと思います。

抜かれても抜かれても生えてくる雑草のように、草の根パワーで輪を広げていきましょう。

私もこちらのページを紹介させていただきました。
元々は、障害児の預かり事業を行った際の紹介ページだった為、なんのページかわかりにくいのですが、ゆっくり整理していきますぅー。
今後ともよろしくお願いします。

イムニーさん、サイトの紹介ありがとうございます。

イムニーさんの「WakuWaku体験くらぶ」のページも拝見しました。
特にブログとそこに寄せられたコメント、すてきなメッセージがあふれていますね。

これから、じっくり読ませていただこうと思います。

ほんとうにmassuguさんのパワーに脱帽!
こうしていろいろなかたとつながれるのも
この活動の大事なことですね。

当日会場にも行けず、ほんとうに何も出来ていませんが、これからもよろしくお願いいたします。

massuguさんの記事、
とってもわかりやすい!
ここがネットワークの源だなぁ!って思います。

このブログの記事をリンクさせていただきますね。
そしてブックマークにも入れさせていただきました。

ここにきたらみなさんにもお会いできるのでうれしいです。
それでは、また。

kiyoyoさん、コメントありがとうございます。
私もブックマークに入れさせていただきます。

私のパワーというより、kiyoyoさんをはじめ、
みなさん一人ひとりのパワーに背中を押されて、
ちょこっとお手伝いをさせていただきました。

みなさんと、共生文化日本一の大阪、
「インクルーシヴ・タウン」構想を打ち立てたいですね。

まっすぐさん、こんにちは!
「共に学び、共に生きる教育」の記事、とても興味深く読ませていただき、まっすぐさんの意見に深く共感いたしました。
6歳になる娘も、幼稚園で知的に障がいのある子どもと共に遊んだり学んだりしていますが、心の部分でずいぶん成長していることを実感しています。

「○○ちゃん、お弁当食べるとき、じっとしてへんねん。だからいつも呼びにいってんねん」
「マラソン、みんな一緒に走ったで~。○○ちゃんも最後までがんばったで」
「○○ちゃん、えがめっちゃじょうずやねん・・・」
など日々、子どものつぶやきから、クラスのみんなが助け合ったり、励ましあったりしながら、豊かに育ち合っていることを感じます。
娘なりに、○○ちゃんの障害も一つの個性と受け止めて、○○ちゃんといい関係を築いていっているようで、親として、そのことが何より嬉しいです。

その人の能力や価値って、一つのものさしで図って、優劣をつけることなど絶対にできないですよね。

まっすぐさんの今後の活動をかげながら応援しています。

mikannさん、コメントありがとうございます。
「共に学び、共に生きる教育」は、子どもたちが育ちあうなかで、
障害のない子にもある子にも豊かな成長をもたらしてくれることを、
あらためて認識させてもらいました。
こうして声をあげていただくことが、大きな力になります。
これからもよろしくお願いいたします。

そんなことで日本一になったかて嬉しないわい。自画自賛するならゴミヤネ屋とか嫌民症みたいなテレビに取り上げてもらえや。大阪が学力最低、少年犯罪最尖端、そして排泄した餓鬼を虐待しようがしったことないやろ。おどれらは社会に出ることはないから。お前ら人権屋と日教組に巣食うデモシカ教師も不具者やからな、と一応エリートの兄貴はそう思ってたフシがある。我々が通学を余儀なくされた中学がその「共に学び・・」がコンセプトのとこだったからな。兄貴と違って私は人を思いやる心があったおかげで高校大学とも不本意入学だったから、生徒が欲しているのはMy dream comes true やんけ。
↑これをご覧になっても目覚めはしまいが、巷間はこんなものだと言いたいので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 公開質問状 [道心日記]
今日、賛同させて頂いている「共に学び、共に生きる教育」のネットワークを通じて代表の鈴木さん、事務局の松森さんをはじめ、障害児、障害者、保護者の皆様46名と共に、府庁にて橋下徹知事へ公開質問状を提出してきました。 本日の流れとしては午後3:00に大阪府庁玄関前集合し、正面玄関入って左横の待合室で待機。 午後3:30に府民課、教育委員会総務企画課、教育委員会支援教育課の担当者へ代表が質問状の手渡し、そこから代表が内容をお伝えし、障害を持つ当事者からも直接、気持ちを伝えて頂きました。 ..... [続きを読む]

» インクルージヴ教育 [道心日記]
公開質問状について、多くのご意見を頂き誠にありがとうございます。 まず「共に学び共に生きる」教育について、ご理解頂きたいのは、この問題は障害児の親が同じにしたいという主張からはじまっているわけではなく、当事者である子ども達自身がそれを望んでいるということです。 子どもにとっての幸せは子どもに聴くのが一番です。 今回、府庁にて現在、普通学校で教育を受けている障害児の子どもさん、教育を受けて育った障害者の青年、大人、..... [続きを読む]

» 競争教育の盲点 [道心日記]
学力ナンバー1、体力ナンバー1、といった競争教育を大人が煽動することが本当に教育に取って大切なことでしょうか? ナンバー1を目指すことが悪いという意味ではありません。 ナンバー1になりたい子は個々に目指せばいいと思います。 そうした負けん気の強い子は競争を押し付けても押し付けなくても、ナンバー1を目指すでしょうから。 でも結局のことろ何が人間にとってナンバー1なのか?の基準をつけることはできないでしょうけどね。 「順番なんて本当の人間の価値とは何の関係もない」 これは..... [続きを読む]

« 橋下徹知事の暴挙~納得できない! 非正規職員のクビ切り~ | トップページ | 車いすに乗ったミュージシャン、浦野 健さんのごきげんライブ! »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック