話題の本

「ともに学び、ともに生きる教育」関連の催し予定

お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雑誌『ともにまなぶ ともにいきる』第2号 発売中!

Tomonimanabu2015_2 

※購入方法、詳しい内容は、こちらへ。
※第1号(2013年冬)も販売中。詳しくは、こちらへ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(随時更新)

*どなたでも参加できる催しを掲載しています。

【高校進学】と付けているのは、障害のある子どもの普通高校進学を支援する集会・催しです。高校進学に関心のある方、どうぞご参加ください。

2018年

第35回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会 【高校進学】
「みんなといっしょに高校へ!」

※詳しくは、こちら

●日時:7月21日(土) 13:30~16:30

●場所:高槻市立障がい者福祉センター(ゆう・あいセンター)

●講師:豊能地区進路保障協議会事務局 荒井瞬さん
    大阪府教育庁支援教育課首席指導主事 三宅恭子さん

●料金:無料

※手話通訳あり

●主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
 共催:大阪バリアフリーネットワーク

●協力:大阪府教育庁

差別解消法連続学習会 第3回「障害者差別解消法」

●日時:7月24日(火) 19:00~21:00(開場18:30)

●場所:尼崎市立地域総合センター上ノ島(本館)
    尼崎市南塚口町8-7-25

●講師:堀智晴さん(元大阪市立大学教員)

●定員:先着30名程度

●申込:来館または電話で(申込期間7月2日(月)~当日)

●申込・問い合わせ先:尼崎市立地域総合センター上ノ島(本館)
 電話・FAX 06-6429-7640 

第19回 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会 【高校進学】

※詳しくは、こちら

●日時:7月28日(土) 13:30~16:45

●場所:枚方市立総合福祉会館「ラポールひらかた」 4階 ミーティングルーム1・2

●内容:①“知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”の簡単な総会

    ②大阪府教育庁支援教育課主席指導主事 三宅恭子さんより
     障害者の高校受験について  「自立支援コース」「共生推進教室」の説明と質疑応答

    ③お話し~私が経験したこと、考えたこと~澤田健太さん・美枝さん(母)
     演題『ともに学び ともに生きる~友達のちから~』

    ④フリートーク 会場から、質疑応答、意見交流、情報交換

    ⑤終了後、どんな小さな疑問にも答える進路相談会を開きます

●料金:無料

●主催:知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
 共催:寝屋川市の義務教育における医療的ケアを考える会

真夏の学習会
風化させてはならない『相模原事件(津久井やまゆり園事件)とは。』

●日時:8月5日(日) 14:00~16:30(開場13:30)

●場所:高槻現代劇場305号室

●テーマ:「人はなぜ社会的弱者を産み出し排除するのか」
 講師:亀口公一さん(NPO法人アジール舎会長)

●主催:TJO・ケアネット

障大連・対大阪府オールラウンド交渉 1日目

※2日目(施策全般・介護、グループホーム、入所施設・地域移行、自立支援・日中活動)は8月9日(木) 10:00~16:50、都島区民センター

※3日目(交通・まちづくり、権利の実現②)は8月22日(水) 13:00~16:00、都島区民センター

●日時:8月6日(月) 13:30~15:00(13:00集合)

●場所:大阪市立天王寺区民センター 1階ホール

●内容:権利の実現①(13:30~14:00)、教育・保育(14:00~15:30)

●主催:障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議(障大連)

高校問題を考える大阪連絡会 8月例会 【高校進学】

●日時:8月9日(木) 18:30~

●場所: ウェルおおさか(大阪市社会福祉研修・情報センター)
     (大阪市西成区出城2-5-20)

第60回 大阪府人権教育夏季研究会

※詳しくは、大阪府人権教育研究協議会のホームページ参照

●日時:8月22日(水) 10:00~16:30、23日(木) 10:15~16:15

●場所:大阪国際交流センターほか

●内容:人権教育セミナー ④「ともに学びともに育つ」教育 
    22日(水) 13:30~16:30、大阪国際交流センター さくら(2階)

    分科会 ⑨「ともに学びともに育つ」教育
    23日(木) 10:15~16:15、アウィーナ大阪 金剛(西中) ほか

●料金:3000円(参加資料代)

●主催:大阪府人権教育研究協議会

南大阪・障害のある子どもの学校生活を考える学習会 Part22 【高校進学】
「障害のある生徒の高校生活って…」
~公立高校において共に学ぶことは、どうなの?~

●日時:9月8日(土) 13:30~16:30

●場所:大阪府立障がい者交流促進センター「ファインプラザ大阪」  3階 第2研修室

●料金:無料

※保育あり(要申し込み)

●主催:南大阪障害のある子どもの学校生活を考える会
 共催:高校問題を考える大阪連絡会

障大連・保護者こんだん会

●日時:9月10日(月) 10:00~ 

●場所:大阪府障がい者社会参加促進センター

●主催:障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議(障大連)

高校問題を考える大阪連絡会 9月例会 【高校進学】

●日時:9月13日(木) 18:30~

●場所: ウェルおおさか(大阪市社会福祉研修・情報センター)
     (大阪市西成区出城2-5-20)

第13回障害児の高校進学を実現する全国交流集会 in あいち 【高校進学】
「いっしょに行こまい! 高校も!」
~様々な「障害」のある子・社会的排除にあう子の進学希望をかなえるために~

※参加案内はこちら

●日時:9月15日(土) 13:30~17:50(交流会18:30~20:30)・16日(日) 9:15~11:40

●場所:刈谷市総合文化センター「アイリス」

●料金:2日間参加3000円、1日参加2000円、交流会5000円

●主催:障害児の高校進学を実現する全国交流集会 in あいち実行委員会

高校問題を考える大阪連絡会 10月例会 【高校進学】

●日時:10月11日(木) 18:30~

●場所: ウェルおおさか(大阪市社会福祉研修・情報センター)
     (大阪市西成区出城2-5-20)

高校問題を考える大阪連絡会 11月例会 【高校進学】

●日時:11月8日(木) 18:30~

●場所: ウェルおおさか(大阪市社会福祉研修・情報センター)
     (大阪市西成区出城2-5-20)

TOPICS ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『障害のある子どもの小学校入学ガイド Q&A』(大阪府版)

発行:大阪バリアフリーネットワーク
編集:「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に!ネットワーク
    『障害のある子どもの小学校入学ガイド Q&A』編集委員会

保護者の方向けに無料で配布しています。
詳しくはお問い合わせください。
massugu.way@gmail.com まで(@を半角に変えてください)。

*冊子のPDFファイルを公開中→ http://swee.info/tomo/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年7月 4日 (水)

大阪府教育庁から講師を招いて~7/21(土) 高槻市、7/28(土) 枚方市で高校進学の学習会

障害のある生徒の高校進学についての学習会がこの7月、高槻市と枚方市で行われます。

どちらの学習会も、大阪府教育庁の担当者の方から、知的障害のある生徒が公立高校で学ぶための大阪独自の制度「知的障がい生徒自立支援コース」「共生推進教室」の説明をしていただくとともに、一般の高校の受験に関する情報も提供します。

高校進学に関心のある方はどなたでも、ご都合のよいほうにどうぞ足をお運びください。

(以下、チラシより)

●高槻市 7月21日(土)

第35回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

じっくり聞いて、しっかり決めよう みんなといっしょに高校へ!

「障害」があっても、点数をとるのが難しくても、府立高校に入れるの?
「障害」が重くても大丈夫? どんな方法で受検できるの?
「受検時配慮」って何? 入学してからも「配慮」はあるの?
「知的障がい生徒自立支援コース」って「手帳」がいるの?
「共生推進教室」って何? 倍率は? 選考基準は? 筆記テストは?
卒業後の進路は支援学校高等部の方が、たくさんあるんじゃないの?

講師:豊能地区進路保障協議会事務局長 荒井 瞬さん
   大阪府教育庁支援教育課首席指導主事 三宅 恭子さん

日時:2018年7月21日(土) 午後1時30分~午後4時30分

場所:高槻市立障害者福祉センター(ゆう・あいセンター) 4F研修室
   〒569-0075 高槻市城内町1番11号 TEL 072-672-0267  
   阪急高槻市駅から400m
   高槻市立第一中学校の北側、城内公民館のすぐ近く、しろあと歴史館の隣です。

参加費:無料 申し込み:不要

手話通訳あり。保育はありませんが、お子様連れで気軽にお越し下さい。

学習会終了後、個別質問や個別相談の時間を作ります。

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
共催:大阪バリアフリーネットワーク
協力:大阪府教育庁

Hoku20187_1

Hoku20187_2jpg_2

●枚方市 7月28日(土)

第19回「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

みんなといっしょに高校へ行きたい!

本当に点数が取れなくても公立の高校にいけるの?
重度の障害のある生徒が普通の高校に通っていると聞きましたが?
「知的障がい生徒自立支援コース」ってなに?
「共生推進教室」って、どんなところ?
倍率は? 選考基準は? 筆記テストもあるの? ウチの子はどうかな?
普通高校を受けるとき、受験時の配慮って、どんな配慮がしてもらえるの?
「いまさら聞けない疑問」にもていねいにお答えします

とき:2018年7月28日(土) 午後1時30分~4時45分

ところ:枚方市立総合福祉会館 ラポールひらかた 4階 ミーティングルーム1・2
    TEL 072-845-1602
    ※工事のため駐車場閉鎖中・詳しくは会館に確認を
    京阪枚方市駅下車 北へ500メートル

参加費:無料

障害のある生徒の高校進学の現状、自立支援コース・共生推進教室の制度や普通高校の受験・進学など情報を知って進路を決めよう!

①“知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”の簡単な総会

②大阪府教育庁支援教育課主席指導主事 三宅恭子さんより
 障害者の高校受験について 「自立支援コース」「共生推進教室」の説明と質疑応答

③お話し~私が経験したこと、考えたこと~澤田健太さん・美枝さん(母)
 演題『ともに学び ともに生きる~友達のちから~』
 健太さんは、地元の小中学校、大阪市立桜宮高校・自立支援コース、大学の科目履修生の後、現在乗馬クラブで働いておられます。

④フリートーク 会場から、質疑応答、意見交流、情報交換

⑤終了後、どんな小さな疑問にも答える進路相談会を開きます

主催 知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
共催 寝屋川市の義務教育における医療的ケアを考える会
協力 大阪府教育庁

Kita2018_3

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2018年4月28日 (土)

高校ってどんなところ?~5/19(土) 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会(大阪府箕面市)の案内

「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会が主催する高校進学についての学習会の案内です。

障害のある子どもの中学卒業後の進学先は特別支援学校のみと思われがちですが、ここ大阪では、重度といわれる知的障害のある子どもも、医療的ケアを必要とする子どもも一般の公立高校に進学し、ほかの生徒たちとともにあたりまえの高校生活を送っています。

高校進学の情報を知りたいという方は、どうぞお気軽にご参加ください。

(チラシより)

第34回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

高校ってどんなところ?

点数は取れないけれど、普通の高校へ行きたい…
でも本当のところ、「普通の高校生活」ってどうなの?
成績はどうだった?進級・卒業は?サポートは?友だちは?先生は?
本人や親ごさん、先生方の体験や感想を聞いてみませんか!

日時:2018年5月19日(土) 午後1時30分~4時30分

場所:箕面文化・交流センター8階・大会議室

報告者: 現役大阪府立高校生と保護者
(当日、中・高の先生方などの「飛び入り参加」もアリ?)

申し込み:不要 

資料代:300円

*手話通訳あります。

*保育はありませんが、お子さま連れで気軽にお越し下さい。

*学習会終了後、個別質問や個別相談の時間を作ります。

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
共催:箕面市障害者共働事業所たんぽぽ

後援 大阪府教育委員会 池田市教育委員会 豊中市教育委員会 吹田市教育委員会
    茨木市教育委員会 箕面市教育委員会 高槻市教育委員会 摂津市教育委員会
    豊能町教育委員会 能勢町教育委員会 島本町教育委員会

協賛 障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議 高校問題を考える大阪連絡会

(会場案内)

箕面市立箕面文化・交流センター 8階・大会議室
「みのおサンプラザ」1号館8階 〒562-0001 大阪府箕面市箕面 6-3-1

〇電車の場合:阪急箕面線「箕面」駅前
 阪急「梅田」駅から宝塚線「石橋」駅下車 (急行で15分)
 箕面線に乗換え、終点「箕面」駅(石橋から3駅、6分)下車 徒歩1分
〇お車の場合:国道171号線牧落交差点を北進し、箕面文化・交流センター南側の「箕面駅前第1駐車場」をご利用ください。(普通車30分100円 高さ2.1m以下まで 自動二輪車1日1回300円)

Hoku20185_1001

Hoku20185_2001

2018年3月 9日 (金)

みんなといっしょに高校へ行きたい!~3/31(土) 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会(寝屋川市)の案内

大阪府寝屋川市で行われる障害のある生徒の高校進学についての学習会の案内です。

障害のある子どもさんも保護者の方も、学校の先生も、支援者の方も、高校進学に関心のある方は、みなさん、どうぞご参加ください。

(チラシより)

第18回 「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
みんなといっしょに高校へ行きたい!!

重度の障害生徒が普通の高校に通っていると聞きましたが…
受験制度の変更(前後期や内申点)に伴う影響は???
受験時の配慮って、どんな配慮がしてもらえるの?
「知的障がい生徒自立支援コース」???「共生推進教室」???
倍率は? テストは?  進級や卒業は大丈夫?

大切なのは情報を知ること、交流すること。進路相談もあります。

とき:2018年3月31日(土)午後1時30分~5時

ところ:寝屋川市立市民会館3階 講義室
    (℡072-823-1221 駐車場有) 京阪寝屋川市駅下車 東へ徒歩10分

内 容
(1)DVD「風よ吹け! 未来はここに!!」上映 バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~制作
人工呼吸器をつけた3人の子どもと3人の青年の日常を追ったドキュメンタリー。ともに生きる、ともに学ぶ、地域で暮らすの実践がここにあります。

(2)講演「わたしが経験したこと、伝えたいこと!」
大橋 慧士(さとし)さん(人工呼吸器使用者 箕面東高校2年生)、心さん(慧士さんの母)

◆質疑、意見交流

(3)障害のある生徒の高校受験について
今年度の高校受験の経過と結果の報告、来年度の受験に向けて

◆フリートーク・もっと質問したいこと、話したいこと

※学習会終了後、どんな小さな疑問にも答える進路相談会を開きます。

参加費:無料

大阪府教育委員会は、2006年度より知的障害のある生徒が府立高校で“共に学ぶ”制度(知的障がい生徒自立支援コース)をスタートさせました。府立高校入学をめざし、「みんなといっしょに高校へ行きたい」というあたりまえの願いはますます広がり、普通高校の受験と入学も増えています。ひとつひとつの疑問に答えながら、当事者・保護者の意見や体験・思いを交流できる学習会にしたいと思います。今年度入試の現状も報告します。誘いあわせて参加してください。

主催 知的障害者を普通高校へ北河内連絡会
共催 寝屋川市の義務教育における医療的ケアを考える会
    バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる
後援 大阪府教育委員会(申請中)

Kitaka18

※チラシはクリックしていただくと、拡大します。

2018年2月15日 (木)

地域の学校で当たり前に学ぶには?~3/10(土) 「南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会」(堺市)の案内

大阪府堺市で行われる「南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会」の案内です。

(チラシより)

南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会 Part21

地域の学校で当たり前に学ぶには?

とき:2018年3月10日(土) 午後1時30分~午後4時30分

ところ:大阪府立障がい者交流促進センターファインプラザ大阪 3階 第1研修室
    590-0137 堺市南区城山台5丁1番2号
    TEL:072-296-6311  FAX:072-296-6313

~障害のある子どもがともに学ぶために何が必要だろうか~

地域の学校…? 支援学校…? 小学校や中学校入学をひかえ、お子さん・お孫さんの就学先で悩んでいるみなさんへ

ここ大阪では、地域の学校で、障害のある子もない子もいっしょに育ちあう「ともに学び、ともに育つ教育」が大切にとりくまれてきました。

障害があってもなくても、地域の学校でともに学び合うことは、お互いに計り知れない大きな影響を与えます。ともに学ぶためには、地域の学校にどのようなことを話していけば良いのだろうか? 学校生塚に限らず、考えていること、迷っていること、みなさまで交流しましょう。

保護者の方、学校の先生や支援者など、みなさんで語り合いましょう!

参加費:無料

手話通訳あり

保育あり 保育室は、2階和室です。

保育をご希望の方は、3月2日(金)までに ①お名前、②連絡先、③お子さんの年齢、④配慮すべきことを明記し、下記問合せ先までお申し込みください。
緊急に参加が決まったときは3月8日(木)午前まで申込を受け付けます。

主催:南大阪障害のある子どもの学校生活を考える会
共催:高校問題を考える大阪連絡会

問合せ:片岡 次雄 Mail:kata_nif@nifty.com(@を半角に変えてください)

Minami2018

Minami18_2

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2018年1月20日 (土)

2/18(土) 豊中市「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム2018」の案内

豊中市教職員組合から、毎年恒例の「インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」の案内をいただきましたので、掲載します。

(チラシより)

とよなか発/子ども・いのち
第16回 インクルーシブ教育を考えるシンポジウム 2018

 豊中では40年近くにわたり、「障害」のある子もない子も地域の学校で、同じクラスでともに生活し、ともに学び、ともに育つことを大切にした教育を進めてきました。
 2014年の「障害者権利条約」批准、2016年の「障害者差別解消法」施行など、「共生社会」の実現が強く求められています。豊中市においても障害を理由とする差別の解消に向けたとりくみが積極的に進められています。改めて「ともに生き、ともに学び、ともに育つ」教育の意義をふまえ、「共生社会」の実現にむけたとりくみや地域の学校でともに学ぶことの大切さを一緒に考えていきたいと思います。

とき 2月17日(土) 午後1時30分~4時30分 〈受付:午後1時~〉

ところ 豊中市立大池小学校 体育館
    (豊中市本町1-7-12 阪急宝塚線「豊中駅」下車 東へ100m)

第一部 講演
「子どもの育ちとインクルーシブ教育」~学校でともに学び合うなかで~
講師 堀家 由妃代さん(佛教大学 教育学部 准教授)

第二部 パネルディスカッション
コーディネーター:遠藤 哲也さん(毎日新聞 学芸部 副部長)
パネリスト:堀家 由妃代さん(佛教大学 教育学部 准教授)
       大橋 心さん(保護者)
       雑喉屋 淳子さん(豊中市立小・中学校卒業生)
       平野 貴大さん(豊中市立野畑小学校 教員)

入場無料

主催:豊中市教職員組合、毎日新聞社

インクルーシブ教育とは:「障害」のあるなしで学ぶ場を分けるのではなく、すべての子どもが普通学級で学び、その子の必要に応じた支援を行う教育。

Inclusive2018

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2017年12月28日 (木)

インクルーシブな社会をめざして~地域で生きる、学ぶとは?~2/17(土) インクールシブ教育セミナー(兵庫県西宮市)の案内 

インクルーシブ教育をすすめるネットワークin西宮が主催する「インクルーシブ教育セミナー」の案内です(要参加申し込み)。

以下に概要を記しますが、詳しい内容はチラシの画像をご覧ください。

第6回インクルーシブ教育セミナー
「インクルーシブな社会をめざして~地域で生きる、学ぶとは?~」


地域の学校へ通い、地域で生きている当事者と親の話を聞きながら、
地域で生きる、学ぶとはどういうことか、一緒に考えましょう!

日時 2018年2月17日(土) 13:00~16:30

会場 西宮市立こども未来センター 4F会議室

資料代 会員:無料 非会員:300円

Photo
Photo_2

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2017年12月18日 (月)

平本歩さんを囲んで~1/13(土) 南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会(堺市)の案内

大阪府堺市で行われる「南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会」の案内です。

今回は、24時間人工呼吸器を使いながら地域の保育園、小・中学校、高校に通い、現在、一人暮らしをされている平本歩さんが講師をつとめます。

(チラシより)

南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会 Part 20

「障害のある子どもが、地域の学校で共に学ぶには?」

バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~
平本歩さんを囲んで

とき:2018年1月13日(土) 午後1時30分~午後4時30分

ところ:大阪府立障がい者交流促進センター ファインプラザ大阪 3階 第2研修室
    (堺市南区城山台5丁1番2号 TEL 072-296-6311 FAX 072-296-6311)

参加費:無料

事前申込み不要

手話通訳あり 

保育あり 要申込み

保育室は、3階第2会議室です。

保育をご希望の方は、1月4日(木)までに ①お名前、②連絡先、③お子さんの年齢、④配慮すべきことを明記し、下記問合わせ先までお申し込みください。
緊急に参加が決まったときは1月11日(木)午前まで申込を受け付けます。

問合せ:片岡 次雄(南大阪障害のある子どもの学校生活を考える会 冊子編集担当 高校問題を考える大阪連絡会 事務局)
    Mail:kata_nif@nifty.com(@を半角に変えてください)

主催:南大阪障害のある子どもの学校生活を考える会
共催:高校問題を考える大阪連絡会

Minami20181_1

Minami20181_2

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2017年11月17日 (金)

障害のある子どもが、地域の学校で共に学ぶには?~12/9 南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会(堺市)の案内

大阪府堺市で行われる「南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会」の案内です。今回で19回目となります。

(チラシより)

南大阪 障害のある子どもの学校生活を考える学習会
「障害のある子どもが、地域の学校で共に学ぶには?」

不安や疑問に何でも答えます! 子どもについていっしょに考え悩みましょう

地域の学校? 支援学校? 小学校入学をひかえ、お子さんの就学先で悩んでいるみなさん
勉強分からへんので高学年や中学生になったらかわいそうと言われて悩んでいるみなさん
高校なんか行けるはずがないと言われているみなさん

大阪では、地域の学校で、障害のある子もない子もいっしょに学び育ち合う「ともに学び、ともに育つ教育」が大切にとりくれまれてきました。地域の学校で学んだ障害当事者や、先輩保護者および、共に学ぶ教育に詳しい現役および元教職員が不安や疑問にお答えします。

障害のある子どもが、地域の学校で楽しく学べるように、交流しましょう。
保護者の方、学校の先生や支援者など、多くのみなさんのご参加を

とき:2017年12月9日(土) 午後1時30分~午後4時30分

ところ:大阪府立障がい者交流促進センター ファインプラザ大阪 3階 第1研修室
    (堺市南区城山台5丁1番2号 TEL 072-296-6311 FAX 072-296-6311)

参加費:無料

手話通訳あり 保育あり 保育室は、3階第2研修室です。

保育をご希望の方は、11月30日(木)までに ①お名前、②連絡先、③お子さんの年齢、④配慮すべきことを明記し、下記問合わせ先までお申し込みください。
緊急に参加が決まったときは12月7日午前まで申込を受け付けます。

問合せ:片岡 次雄(南大阪障害のある子どもの学校生活を考える会 冊子編集担当 高校問題を考える大阪連絡会 事務局)
    Mail:kata_nif@nifty.com(@を半角に変えてください)

主催:南大阪障害のある子どもの学校生活を考える会
共催:高校問題を考える大阪連絡会

Minami201712_1

Minami201712_2

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

2017年10月16日 (月)

教えて! 聞かせて! 障害のある子の、高校生活と受験~11/12(日) 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会(茨木市)

「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会が主催する、高校進学についての学習会の案内です。

障害のある生徒さんも、保護者の方も、学校の先生も、支援者の方も、高校進学に関心のある方は、どうぞご参加ください。

(チラシより)

第33回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

教えて! 聞かせて! 障害のある子の、高校生活と受験
体験した、「本人の話」を聞いてみよう

点数は取れないけれど普通高校へ行けるの?
小・中学校のように支援学級が無くても大丈夫?

“重度”といわれる「障害」のある生徒も、テストで点数をとるのが難しい生徒も、大阪では普通高校に進学し、他の生徒たちとともに学んでいます。みんな、どんな受験をし、高校生活を送っているのでしょうか?この春、府立高校に入学したご本人たちと、その母および元中学校担任等の関係者から、具体的な話が直接聞けます!

日時:2017年11月12日(日)午後1時半~4時半

場所:茨木市立障害福祉センター「ハートフル」4階大会議室
    〒567-0819茨木市片桐町4-26(電話 072-620-9818)
    阪急茨木市駅西口から800メートル、JR茨木駅東口から1300メートル

参加費:無料(資料が必要な方は資料代300円)  

手話通訳あり

*保育はありませんが、お子さんといっしょに気軽にお越しください。

※終了後、個別進路相談会を行います。

主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会

共催:地域・校区で「障害児・者」の生活と教育を保障しよう茨木市民の会

協賛:障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議 高校問題を考える大阪連絡会

後援:大阪府教育委員会 能勢町教育委員会 豊能町教育委員会 池田市教育委員会 箕面市教育委員会 豊中市教育委員会 吹田市教育委員会 摂津市教育委員会 茨木市教育委員会 高槻市教育委員会 島本町教育委員会

Hokusetsu201711_1a

Hokusetsu201711_2

※画像はクリックしていただくと、拡大します。

2017年9月21日 (木)

10/15(日) DVD上映会&シンポジウム 「箕面から広げよう~ともに生きる学校・ともに生きる社会」の案内

医療的ケア連絡協議会から催しの案内をいただきましたので、掲載します。

(チラシより)

医療的ケア連絡協議会 15周年記念事業
「箕面から広げよう~ともに生きる学校・ともに生きる社会~」
DVD上映会&シンポジウム

たんの吸引、経管栄養、導尿などは、生きるために必要な生活支援行為です。
しかし、医療的ケアが必要というだけで、学校や社会で生活するのに多くの制約があります。
ここ箕面市では、ともに学びともに育つ教育を推進してきました。
医療的ケアが必要な児童・生徒への取り組みを振り返り、今後の課題について、みなさんで考えていきましょう。

日時:2017年10月15日(日)13:30-16:30(会場受付13:00)

場所:箕面市立メイプル小ホール(箕面市箕面5丁目11番23号)

参加費:無料

定員:100名(事前予約優先)

主催:医療的ケア連絡協議会
後援:箕面市、箕面市教育委員会、社会福祉法人箕面市社会福祉協議会、箕面市教職員組合、バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~

Minokara_1

Minokara_2

※チラシは、クリックしていただくと拡大します。

«「高等学校における支援教育推進フォーラム」の案内

フォト

もうひとつのブログもご覧ください!

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31